ゼルビアあれこれ。半分は宣伝でごめんなさい。

FBの気軽さに慣れてしまうと、

なかなかブログを更新しようという気になりませんが、

たまには、がんばって書いてみます。

6月1日のJ3リーグ第14節。

FC町田ゼルビアは、アウェー三ッ沢でYSCCさんと対戦。

YSCCさんは、市民型クラブとして、ゼルビアがお手本にしたクラブチーム。

Yscc0601

タオルマフラーには、since1986という文字が記されています。

ゼルビアが、since1989ですから、実は3年先輩のクラブチームです。

そんな縁(ゆかり)もあってか、

ゼルビアにとっては、あまり相性のよろしくないチーム。

前回3月23日のゲームも、同じ三ッ沢でしょっぱいドローに終わっています。

今回も、とても最下位に甘んじているとは思えない程の気合いのこもった良い動き。

幸いオフサイドで、ノーゴールになりましたが、

ゴールネットを揺らせれたときには、「またか!」とつい目を覆ってしまいました。

ゲームの方は、もう皆さんご存じのように、

アディショナルタイム終了寸前に

鈴木崇文選手の、FKが直接決まって、歓喜の勝利。

猛暑の中、応援し続けたサポーターの心を太陽に負けないくらい燃え上がらせてくれました。

しかし、最後の最後、まさに土壇場での

崇文選手のあの落ち着き払った一挙手一投足。

あの間合いの取り方は、凄みを感じさせました。

崇文選手のチャントが大好きなうちのくるみさんも

もう大興奮。

何やらわけのわからない言葉で大騒ぎしながら、

跳ねまくっていました。

下の写真では、まったく、興味のないような顔をしていますが、

実は、照れているのです。

Takahumi01



ふと、思ったのですが、

崇文選手って、歌舞伎の中村勘九郎さんに似ていません?

勘九郎さんというよりも、亡くなられたお父様の

18代目中村勘三郎さんに、とても良く似ているように思えます。

外連味(けれんみ)の利いたプレーは

いつも何かやってくれるだろうと、

観る人をわくわくさせてくれます。

そのあたりも、勘三郎さん似かな?

さて、今度の8日、日曜日は、

野津田に、隣町のSC相模原さんを迎えてのホームゲーム。

お天気がちょっと心配ですが、

相手には元日本代表FWの高原選手もいるし、

とても楽しみなゲーム。

スワン町田店もいつものように、

ゼルビーランドの屋台タウンで、

パンの販売をさせていただきますので、

また、よろしくお願いいたします。

女子マネマドレーヌも、久しぶりに販売させていただきます。

中身を少し、リニューアルさせていただき、

女子マネのイラストを焼きつけたマドレーヌを

加えさせていただきました。

Zyosimanemado

こんな感じで、とってもかわいく仕上がっておりますので、

どうぞ、お買い求めください。

1箱6個入り1800円となります。(女子マネデザインが2個入っています)

もうひとつ、スワン町田店からの

ゼルビア応援企画のお知らせ。

8日のホームゲームには、間に合いませんが、

近々、スワン町田店の営業用車両が、

ゼルビア女子マネ・ラッピング仕様に生まれ変わります。

Cardetail

小さい画像で、わかりにくいですが、

こんな感じです。

ラッピングデザインは、イラストレーターの高田桂先生に

依頼させていただきました。(高田先生、いつもありがとうございます)

とっても目立ちそうな車なので、

今まで以上に、安全運転に気を配ります。

ラッピングカーにもある通り、

スワン町田店は、FC町田ゼルビアを

いつまでも応援し続けます。

がんばれ、FC町田ゼルビア!

なんだかんだで、結構、長く書いてしまいました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

(天野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶対首位堅持! 「リアル女子マネさん」は連れ帰れませんが、「ゼルビア女子マネマドレーヌ」はお持ち帰りできます

前節、アウェーで、
グルージャ盛岡さんを4対1で破り、
J3の首位に立ったFC町田ゼルビア。

スカパーのダイジェストを観ましたが、
同点となった鈴木崇文選手の
ドライブがかかった強烈なミドルシュート。
交代してすぐに逆転の結果を出した
斎藤翔太選手の素早い動き出し。
オウンゴールで意気消沈の相手の息の根を止めた
鈴木孝司選手のエースの貫録。
どれもスカッとする、見事なゴールでした。

寒い中、現地で観戦されたサポーターの方にとっては、
きっと寒さも、長旅の疲れも吹き飛ぶような
快心のゲームだったことでしょう。

某巨大掲示板の盛岡スレや、
グルージャサポーターの方のブログなども
拝見させていただきましたが、
ゼルビアの選手たちやサポーターをとても温かく迎えてくださったことが
読み取れ、とても嬉しく思いました。

同時に、負けたチームに腹を立てるのではなく、
「まだまだ力不足」と、今回の敗戦を謙虚に受け止め、
「でも、これからもっと伸びる」と、一層、チームに熱い期待を寄せる姿勢に
胸を打たれました。
(J2以前の、JFLに上がった頃のゼルビアと重なります)

目の前の1つの勝ち負けにこだわるのではなく、
長い目で、チームの成長を見守る。
自分の住む町に、プロのサッカーチームがあるという
幸せを噛みしめる。
仲間と同様に
闘う相手をリスペクトし、
闘いが終わった後には、
ノーサイドの精神で讃えあう。
サッカーを愛するサポーターとして
一番大切なことに、改めて気づかせてもらった気がします。

そんな素晴らしいサポーターのいらっしゃる盛岡に
次回のアウェーのときには、ぜひ、お邪魔させていただきたいという
気持ちになりました。

グルージャ盛岡さん、素晴らしいサポーターに支えられた好チームです。

明後日、開催の次節、
J3リーグ第6節は、
ツエーゲン金沢さんを迎えてのホームゲームです。

昨年のゼルビアのキャプテンだった太田康介選手も
すでに2得点をあげ、
チーム全体では、ゼルビアより1試合少ないにもかかわらず、、
同じ10得点をあげている攻撃力の高いチーム。
ゼルビアにとっては、強敵ですが、
ここは、きっちり勝って、首位堅持が絶対使命です。

心配されたお天気も今のところ「晴れ」の予報。
きっと回復しているはずの素晴らしいピッチで、
金沢を凌駕する超攻撃サッカーを魅せてくれることを期待しています。
(ここ数試合、惜しいミドルシュートを連発している庄司選手の
ゴールが、もうそろそろ決まる頃かな?)

スワン町田店も、いつもの屋台タウンに戻って、
パンの販売をさせていただきます。

金沢のサポーターさんにも、
リアル女子マネさんがとっても評判になっているようです。
ということで、
今回、また、「ゼルビア女子マネマドレーヌ」を20個限定で
販売させていただきます。

2014041101

2014041102

決戦に備えて、
写真の通り、女子マネ(イラスト版)もアップを完了しました。

リアル女子マネさんを連れ帰ることはできませんが、
こちらは、もちろん、お持ち帰りOKですから、
金沢サポさんも、町田土産にぜひ、お買い求めください。
(残念ながら、勝ち点も差し上げられませんが…)

なお、「ゼルビア女子マネマドレーヌ」をご購入いただいた方には、
抽選で1名の方に、
4月26日(土)開催のホームゲーム Jアンダー22戦の
メインスタンド観戦チケット(3名様分)をプレゼントさせていただきます。
(当選された方へのチケットの引き替えは、観戦試合の当日となります)

また、前回、荒天のため、販売予定数に達しなかった
女子マネ缶バッジの販売もさせていただきます。
こちらの売上は、すべて、ゼルビアの震災支援募金に寄付させていただきますので、
皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

2014032702

スワン町田店は、FC町田ゼルビアを応援します!
がんばれ、ゼルビア!

一般社団法人ディーセントワールド
天野貴彦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐の武相決戦はゼルビアの勝利! 復興支援「女子マネ缶バッジ」の販売にご協力いただき、ありがとうございました。

3月30日の J3 第4節。
FC町田ゼルビアは、ホーム野津田で、
SC相模原さんを迎えての「武相決戦」でした。

スワン町田店も、メインスタンド前広場で
屋台を出させていただきました。..

2014033001


準備の頃から、降り始めた雨は、
キックオフが近づくに連れて、段々、雨脚が激しくなり、
時折、強風も吹き寄せる「嵐」のような状況になりました。

そんな悪天候にもかかわらず、
2000人を超えるお客様が、
野津田に足を運んでくださいました。
ありがとうございます。

今回の販売は、アウェイ応援席が近いこともあって、
対戦相手の相模原サポーターの皆さまにも
たくさんご来店いただきました。

「今日は、ダービーなので、3万人を動員したけど、
駐車場に入れなくて、みんな途中で帰ってしまった」など、
野津田の不自由なアクセスについての
強烈なブラックジョークもいただきました。
アウェーのお客様との
こうしたやりとりも販売の楽しみになっています。
今度は、「便利な」ギオンスタジアム(麻溝)に
私たちも3万人の動員で、お邪魔させていただきますので、
よろしくお願いいたします。

キックオフの頃から、
更に風が強まってきたので、
ハーフタームと試合終了後は、
テントをたたみ、
リア扉を開いての車内販売とさせていただきました。
皆さまには、大変、ご不自由をおかけしましたこと
慎んで、お詫び申し上げます。
試合の方は、
ご承知の通り、2対0で町田の勝利。
1点目の深津選手のゴールは、またも見逃してしまいましたが、
2点目の星野選手のゴールは、観ることができました。
スワン町田店のメンバーにとっては、
今季初めてのホームでのゴールシーンで、
大いに盛り上がりました。
SBの選手が、あそこまできちっと詰めて、攻め上がっているのも
「相馬流」のなせる技でしょうか。
帰宅後、夜に、
Jコムさんの中継録画を鑑賞しました。
深津、星野両選手の得点も見事でしたが、
前線からどんどん積極的なチェイスをかける鈴木孝司選手。
1点目のCKにつながったロングシュートを放った鈴木崇文選手。
今回も惜しいミドルを放った庄司選手。
強風の影響で、パントキックには相当苦労したようですが、
ナイスセーブを連発した修行選手が目立っていました。
悪天候の中、かえって選手たちが楽しそうにプレーしているように見えました。
豪快に水しぶきのあがるスライディングは、
プロの選手にとっても、やっぱり面白いのかもしれません。

開幕戦、2戦目とぼこぼこだった野津田のピッチ。
怪我につながるような状態が心配でした。
この日は、大雨で、水たまりができて、
ボールが止まってしまうシーンもありましたが、
全体的には、かなり回復してきたように見えました。
グランドキーパーさんの地道な努力に感謝です。

2014033003

また、この日は、「女子マネ」缶バッジの販売をさせていただきました。
全額、震災支援募金に寄付という趣旨を
ご理解いただき、たくさんの皆さまにご協力をいただくことができました。
「リアル女子マネ」さんにもご来店をいただき、
ご協力をいただきました。
評判通りの可愛さにびっくり!
次回のホームゲームのときには、
きっと「リアル女子マネ」さんも缶バッジをつけてくださっていると思いますので、
ご注目ください。

缶バッジの売上金1万7千円は、
ゼルビアのスタッフの方にお渡しさせていただきました。
ご協力をいただきました皆様に心より感謝申し上げます。
また、ブログ等でご紹介もいただき、ありがとうございました。
残念ながら、悪天候もあって、
この日は、限定予定数(200個)全部を販売することができませんでした。
次回のホームゲーム 4月13日 金沢戦でも
同じ趣旨で、販売させていただきますので、
引き続きの、ご協力をよろしくお願いいたします。
2014032701

この日の勝利で、ゼルビアは、2位に浮上。
次節は、アウェーで、首位のグルージャ盛岡さんとの
直接対決です。

首位奪取をぜひとも期待しています。
一般社団法人ディーセントワールド
天野

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FC町田ゼルビアの背番号1がSC相模原の前に大きく立ちはだかる。 福島とつながる「女子マネ」缶バッジ販売のお知らせ

ニッパツ三ッ沢競技場で開催された
前節のYSCC戦では、
GK高原選手のよもやの退場劇。

急きょ、ゴールを守ることになった修行選手ですが、
きっと、いつ出番が来ても、大丈夫なように
しっかり準備ができているんですね。

危ないシュートの場面も
落ち着いて、対処し、
ゴールを守りきりました。

次節の、SC相模原戦では、
先発出場が期待されます。
もしかすると、東京ヴェルディから電撃移籍した
元日本代表FW高原直泰選手との対決も
実現するかもしれません。

とても楽しみです。

GKは、たったひとりしか試合に出られない
孤高なポジション。

対戦相手の前に、
チーム内のライバルとのレギュラー争いが熾烈です。

ガイナーレ鳥取から、ゼルビアに加入して以来、
吉田宗弘(元)選手、相澤貴志選手、高原寿康選手といった
J1、J2でレギュラーを張った名GK達と
常にレギュラーを争い続けてきた修行選手。

怪我や不調で控えに甘んじることがあっても、
腐らずに、黙々と、練習を繰り返す
精神力や責任感の強さに、いつも心を打たれ、
頼もしく思います。

すばらしい先輩達から学ぶことも
たくさんあったと思います。

図らずも、突如、めぐってきたビッグチャンス。
チームに勢いをつけるためにも、
背番号1が、SC相模原の前に
大きく立ちはだかってくれることを願っています。

ピッチでは、大阪弁で、
激しく仲間を叱咤激励する修行選手ですが、
ひとたび、ピッチを離れると、
ちょっとシャイで優しい好青年。

うちの娘は、そんな修行選手の大ファン。
スタンドでは、修行選手の姿を見つけると、
立ちあがって、「お~、しゅう~ぎょう~!」と
大声を張り上げていますが、
ピッチの外で、修行選手が、近くにくると、
もう、照れまくって、まともに、顔が見られません。
そんな時も、いつも、優しく声をかけてくれる修行選手です。

2013051206

去年のひとコマです。
向うに隠れてしまっていますが、
わざわざ、しゃがみこんで、サインをしてくれています。

2013051202

サインをもらって、大満足。
でも、テレテレ。

フェイスブック

https://www.facebook.com/takahiko.amano.7

でも、ご案内させていただきましたが、
スワン町田店は、
3月30日のホームゲーム SC相模原戦にも
パンの屋台を出店させていただきます。

今回の出店場所は、
メインスタンド前広場の屋台アイランドになります。

後援会さんの「リアル女子マネ」さんの登場で、
話題となっている「ゼルビア女子マネマドレーヌ」ですが、
特注商品のため、
残念ながら、今回は納品が間に合わず、
次回の販売は、4月13日のホーム金沢戦になってしまいました。
楽しみにされていたお客様には大変、申し訳ございませんが、
何卒、ご容赦ください。

代わりに、女子マネのイラストをデザインした
「缶バッジ」を2種類、限定各100個(1個200円)販売させていただきます。

2014032702

2014032701


この缶バッジは、
原発被災地の福島県南相馬市にある
6つの福祉作業所が共同受注をおこなう
南相馬フェクトリーに特別に製造をお願いしたものです。

FC町田ゼルビアさんでは、
震災から3年過ぎた現在も、復興募金にとりくまれています。
今回の缶バッジの売上は、スワン町田店から
この募金への協力金にさせていただきたいと考えています。

缶バッジの袋には、
復興へのシンボルとして、
ひまわりの種が2粒入っています。

種をまき、大きく育て、収穫した種を
南相馬ファクトリーに送っていただきますと、
その種から「ひまわり油」を抽出して、
障害のある人たちの仕事と給料につながる
新しいプロジェクトに広がっていくという仕掛けになっています。

皆さまのご理解とご支援を何卒よろしくお願いいたします。

一般社団法人ディーセントワールド
スワンカフェ&ベーカリー町田店
天野

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最初の一歩、最後の一手

J3 第2節。

FC町田ゼルビアは、ホーム野津田に
昨シーズンのJFL王者のAC長野パルセイロさんを迎えました。

昨年は、ホーム、アウェイともに
完膚なきまでに叩きのめされた強敵です。

奇しくも、今シーズンのキャッチフレーズは
両チームとも「チョウセン!」

FC町田ゼルビアは、「超戦」、
AC長野パルセイロさんは、「頂戦」。

J2昇格に向けての最大のライバル。
新生相馬ゼルビアの真価を問われる大一番。

まずは、前哨戦。

2014031603

バス対決。

2台並んだ両チームのバス。
ゼルビアのバスの方が、頭ひとつ抜けています。

2014031601


フラッグ対決。

Jリーグの旗をはさんだ両クラブの旗。
ゼルビアの方が、勢いよくはためいています。

2014031602


サポーター対決。

今回も長野から大型バス3台で
たくさんのサポーターの方がお見えになりました。
パルセイロがチャンスを迎えたときの
テンポの良い応援が耳に残っています。

人数では、ホームのセルビア。
迫力では、パルセイロさんが勝っていたような…。

ゲームの方は、
両雄譲らず、
スコアレスドローに終わりました。

ゼルビアにも、惜しいチャンスがいくつかありましたが、
ピッチの状態も影響したのか、決定機を決めきれず、悔しい!

パルセイロさんの攻撃は、
リズム良く、怖いシーンがいくつもありましたが、
こちらは、守備陣の奮闘もあり、無失点に抑えることができました。

昨年は、まったく歯が立たなかったパルセイロさんですが、
今回のゲームを観る限りでは、
その差が、ぐっと縮まったような気がします。

それでも、アウェイで、しっかりと勝ち点1を持って帰るのが、
パルセイロさんの強さでしょうか。

J3の変則レギュレーションの「おかげ」で、
パルセイロさんとは、6月22日に
ホーム野津田での対戦となります。

パルセイロさんに勝つためには、
最初の一歩を、より速く、賢くすることと、
最後の一手を、より激しく、粘り強くすることが
大切な気がします。
(もちろん、そんなことは選手もみんなわかっているはずですが)

J3で、日程とともに、変則的なのが、
5人まで交代可能というレギュレーション。

前回は、4人交代しましたが、
今回は、町田、長野ともに途中交代は2人。

J2昇格(更にその上)を視野に入れて、闘う意味では、
今回の両チームの最小限必要な交代のみという采配はとても良かったと思います。

2週続けての好天に恵まれ、
おかげさまで、スワン町田店の販売も絶好調でした。

ハーフタイムに、お店から「焼き立てパン」を追加しましたが、
お買い求めいただけなかったには、本当に申し訳ありませんでした。

後援会様公認の「リアル女子マネ」さんが現れた効果か、
「今日は、マドレーヌはないのですか?」と
何人かのお客様に声をかけていただきました。

実は、今回は、ゲンを担いで、販売を控えさせていただきました。

女子マネマドレーヌのデビュー戦となった昨年6月の長野戦で、
大敗したことが、心に強く残っていたというわけです。

でも、今回の好ゲームで、そんなモヤモヤも解消されました。

次回、3月30日のホームゲーム、SC相模原戦では、
また、「ゼルビア女子マネマドレーヌ」を販売させていただきますので、
よろしくお願いいたします。

ちょっとしたプレゼントもご用意させていただく予定ですので、
どうぞ、お楽しみに!

Zyoshi2


一般社団法人ディーセントワールド

天野

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スワン町田店は、2014年シーズンもFC町田ゼルビアを応援します!

本当に久しぶりのブログの更新になってしまいました。

今度の日曜日の3月9日。

いよいよ待ちに待った

明治安田生命 J3リーグが開幕します。

我らがFC町田ゼルビアは、

ホームの町田市立陸上競技場に

藤枝MYFCさんを迎えてのホーム開幕戦です。

ここまでのTMでは、9戦全勝の快進撃。

あまりに好調すぎて、勝ち運を使い果たしてしまわないかと、

ちょっと心配にもなりますが、

相馬監督以下、選手・スタッフが、きっと一丸となって、

J2昇格の夢をかなえてくれることを期待しています。

ブログのタイトルにもありますように、

今シーズンもスワン町田店は、

「ホームタウンパートナー」(ゼルビーパンツと、地域感謝チケット)として、

FC町田ゼルビアを力の限り、応援させていただきます。

FC町田ゼルビアの公式ホームページの

http://www.zelvia.co.jp/news/news-39078/

イベント&グルメ情報にも掲載していただいております通り、

3月9日(日)のホームゲーム開催時に

ゼルビーランド 屋台タウンに

スワンカフェ&ベーカリー町田店も出店させていただきます。

昨シーズンと同様に、焼き立てのパンを各種取り揃えて販売させていただくとともに、

この日は、昨年、ご好評をいただきました

「ゼルビア女子マネマドレーヌ」(1箱6個入り)を30箱限定で販売させていただきます。

公式ホームページでは、限定40箱でご掲載いただいておりますが、

誠に勝手ながら、開幕ということで、内10箱は、

選手・スタッフの方に差し入れさせていただくことにいたしました。

販売価格は、昨シーズンよりがんばって、値下げさせていただき、

1箱1800円となります。

また、J3の開幕を記念して、

そして、ゼルビアの勝利を願って、

1箱に1つ特製マグネットを入れさせていただきます。

また、スペシャル企画として、

①3月16日(日)の第2節 AC長野パルセイロ戦

②3月30日(日)の第4節 SC相模原戦

の観戦チケット(関係者席3名様分・上記試合のいずれか1試合限定)が

各1名様に当たる(箱の中に、引換券が入っていたら当たりです)

サプライズをご用意させていただきました。

今年も、野津田の森で、

サポーターの皆さまとお会いできることを楽しみにしております!

がんばれ、FC町田ゼルビア!

2014mado


スワンカフェ&ベーカリー町田1号店・町田2号店

一般社団法人ディーセントワールド

代表理事 天野 貴彦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷わず行けよ。行けばわかるさ!  迷いのないプレーで、讃岐を蹴散らせ!

この道を行けば、どうなるものか、
危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし。

踏み出せば、
その一足が道となり、
その一足が道となる。

迷わず行けよ、
行けばわかるさ。

先週の長野戦。
インターネット放送で観戦しましたが、
一番感じたのは、
選手たちに迷いや戸惑いがあるな、ということ。

正直、来年のJ2復帰は、相当に厳し過ぎる状況になってしまいましたが、
今はもう、昇格ウンネンよりも、
残り5試合、
楽しくって、わくわくするようなサッカーが見たい。

明日の讃岐戦のPRに
監督代行以下、選手全員が
雨の中、町に出て、
チラシを配ったのは、とてもいいことだと思います。

だから、明日こそは、
つまらないプレッシャーから解放されて、
思いっきり、サッカーを楽しんでください。
迷いのない、のびのびとしたプレーは、
きっとサポーターのハートを鷲掴みにするはずです。

私自身は、明日は、朝から仕事が入っていて、
野津田に駆けつけることができるかどうか微妙なところです。
(ホーム皆勤賞が途切れてしまう…)

その時は、ゼルビーランドで出店するスワン町田2号店の職員に
熱い想いを託します。

最後に宣伝です。
明日26日の讃岐戦で、
4カ月ぶりに、FC町田ゼルビアさんとスワン町田店のコラボ商品
「ゼルビア女子マネマドレーヌ」を、ゼルビーランド屋台タウンの
スワン町田店のブースで販売させていただきます。
11月10日の金沢戦と併せて、80個の限定販売となりますので、
よろしければ、ぜひ、お買い求めください。

では、本当に、最後の最後はこれで。

http://www.youtube.com/watch?v=64kdUTFhvMY

(天野)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

楠瀬さんが理想に描くサッカーのために、共闘! 今こそ、想いをひとつに!

JFL第18節。
楠瀬監督代行のもとに後半戦の闘いがスタート。

後半開始直後に
アンデルソン選手のFKから、鈴木孝司選手のヘディングシュートが
決まって、ゼルビア先制!

ゴール裏のサポーターのもとに
一目散に駆け寄る鈴木選手。
前節試合後のわだかまりもこれで一気に吹き飛んだ。

先発したキャプテン太田選手の
他の選手たちを叱咤激励する大声がピッチに響き渡る。
前線をねらったロングフィードが再三チャンスを演出するが
なかなか決められない。

大竹選手の汗をかく動きが良い。
果てることのないのスタミナでピッチを縦横無尽に描け回る。

中央からサイドへ、そして再び中央へ。
ワンタッチでパスをつなぐゼルビアらしいプレイも戻ってきた。
前へ前への意識が、その原動力。

後半AT4分の表示。
ゴール裏もバックスタンドもメインも
ひとつになって声援と拍手を送り、
「なんとか守りきれ!」と願ったが、
FKを相澤選手のナイスセーブで凌いだのも束の間。
一瞬の隙をつかれて、CKから同点ゴールを許してしまう。
最後の最後はマンツーマンで守れば良かったのかも。
しかし、ここは、土壇場で決めたソニー仙台の選手に脱帽するしかない。

試合後、バックスタンドから、ゴール裏へ挨拶に回る選手と監督、スタッフたち。
前節のような怒号は聞こえない。
まだまだ熟したとはいえないまでも、「共闘」の芽は確かに生まれた。

メインのサポーターの前を通り越して、
相手ゴール裏に向かう選手たち。
先頭には、楠瀬監督代行と太田キャプテン。
相手サポーターに向かって、深々と一礼。
野津田でも初めて見る清々しい光景。

楠瀬さんが、理想に描くサッカーが
きっと、これなんだなと思った。
もしかすると、アマチュアっぽく映ってしまうかもしれない。
でも、サッカーは、相手が居てこそ成り立つゲーム。
(サッカーだけではなく、すべてのスポーツがそうだろうが)
自分たちが今ここに居られることは、闘う相手があるからこそと
相手チームを最大限リスペクトすること。
この人に、これから鍛えてもらうことで、
ゼルビアというチームがもうひとまわりも、ふたまわりも成長するという
期待を強く感じた。

最後にメインに挨拶にきた選手たちに送られた拍手はひときわ大きく響き渡った。

2013063003


残り16試合。
J2復帰に向けての闘いは、
ますます厳しさを増してくるにちがいない。

楠瀬監督(もう「代行」の文字はいらないと思う)のもと、
本当の意味での「共闘」が問われるに違いない。
あきらめないで、闘い抜く。
リスペクトの気持ちを常に忘れずに!

この日の試合前は、
学生さんたちのパフォーマンスで
ゼルビーランドも盛り上がった。
若い力はすばらしい!

桜美林大学のチアリーディング部のお姉さんたちの演技には
子供たちも大喜びだった。

20130630


お姉さんたちの誘いに、勢いで前に出てしまったけれど、
「えーっ、こんな恐いことやるの?」と
不安げだった彼女も、
リフトアップされた瞬間には
感極まって、

2013063002


拳を振り上げ、
「イェーイ!」と、
雄たけびを上げていました。

2013063004


すばらしいパフォーマンスの源にあるのは、
日々のたゆみない努力とゆるがない信頼関係。

共闘!
今こそ、想いをひとつに!
がんばれ、FC町田ゼルビア!

(天野)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

あきらめるな! ゼルビアは子供たちの未来を拓くチャレンジャー!

JFL第17節。
FC町田ゼルビアは、ホームで、強豪・AC長野パルセイロさんに
0対4のスコアで完敗。

試合終了後のゴール裏では、
ふがいない結果に、サポーターから厳しい抗議の声があがり、

一時、不穏な空気も流れた模様。

セルフジャッジで足を止めて、失点してしまったり、
シュートを全く打てなかったり、
確かに今日のゲームは最悪。

でも、ちょっと待った!

FC町田ゼルビアがめざしているものは、
もちろん、来季のJ2復帰もあるけれど、
ただ、それだけじゃない。

2013062303


試合後のふれあいサッカーで、
無心にボールを追いかける子供たちの未来をつくること。
子供たちがサッカーやスポーツを大好きになって、
いつか、自分が生まれたこの町の名前を背負って、世界に羽ばたくこと。
そんな土壌づくりが、本当にめざすもの。

過去の失敗は、しっかり反省する。
だけど、いつまでもそこにとどまらない。こだわらない。
失敗を次に活かして、また、新しいチャレンジをすることことそが大切。

嫌な気分をすべて引き受けてくれた
深津選手の「男気」に感謝。

子供たちのことを気にかけてくれた
泰成選手の「優しさ」に感謝。

2013062304



さぁ、みんなで、気持ちを切り替えて、
もう一度、チャレンジ!

試合前の戦隊ショーを
真剣に見つめていた
青いおじさんや、ピンクのお姉さんも
きっとそう思っていると思います。

2013062301



FC町田ゼルビアは、子供たちの未来を拓くチャレンジャーです。

ゼルビア戦隊、次は頼んだぞ!

2013062302

↑こんなに腹の出た、ゼルビア戦士はいないけど。(笑)
最後は、みなさまに御礼のご挨拶です。
本日(もう昨日!?)は、スワン町田店の
「ゼルビア女子マネマドレーヌ」をたくさんの方にお買い上げいただき、
ありがとうございました。
残念ながら、デビュー戦を白星で飾ることはできませんでしたが、
スワン町田店は、「女子マネ」といっしょに、
これからも、ずっとFC町田ゼルビアを愛し、応援し続けます。
次回のソニー仙台戦で、また、お会いできることを楽しみにしております。

今後とも、よろしくお願い致します。
(天野)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そばといっしょにオレンジジュースも飲み尽くして臨むパルセイロ戦。そして、ついにあの「女子マネ」がデビュー!?

JFL第16節。アウェーのカマタマーレ讃岐戦は、1対0で執念の勝利を掴んだ。

ネットの動画を観させていただいたが、
絶対に勝たなくてはいけないプレッシャーのもと、アウェーの大観衆、芝のはげたピッチ、不可解なレフリング、そして(おそらくは)大変な暑さと厳しい条件が揃ったこの1戦に勝利できたことは大きな自信につながると思う。

讃岐の木島良輔選手に「参った!」と言わせるような熱い闘いを希望すると、前回のブログに書いたが、よもやのPK失敗には驚き、そして、胸をなでおろした。
試合後のコメントで、「敗戦はすべて自分の責任である」と語っていたようだが、勝負は時の運もある。最後まで走りきった姿には、讃岐のサポーターの皆さんも感動していたみたいなので、気持ちを切り替えて、他のクラブからは、どんどん点を取ってください。(笑)

丸亀まで、応援に行かれたサポーターの皆さん。本当にお疲れさまでした。

讃岐戦の勝利で、首の皮1枚つながったJFL枠での天皇杯出場。
ゼルビアが、大差で長野に勝ち、
讃岐ができれば大差で相模原に負けてくれるという他力本願な状況には
変わりはないが、まずは、きっちり、長野に勝つことが大事。
とは言え、やっぱり強敵です。

16節終了時点で、3敗しているゼルビア。
負けたのはなぜか、すべてホーム。
おまけに、福島に0対1、琉球に3対4、HONDAに1対2と
すべて1点差の悔しい負け。

ゼルビアが負けた3チームに共通していること
3チームともファーストユニフォームが「赤」系。
さらに付け加えると、ホームで引き分けた
佐川印刷、ホンダロックも「赤」系チーム。

このあたりで、長野のオレンジがなんとも不気味なところ。

一方、今季2敗の長野の敗戦は、いずれもアウェー。
藤枝に1対2、ソニーに1対2と、ゼルビア同様に1点差の負け。
さらに面白いのは、
藤枝は藤色、ソニーは水色と、どちらも「青」系チーム。
アウェーで引き分けている秋田もやっぱり「青」系チーム。
(もう1つ引き分けの佐川印刷は「赤」系チームですが)

きっと、長野サポーターの中にも同じようなもの好きが居て、
アウェーの町田戦は、不気味なところだなんて言っているかも。

讃岐戦のゲン担ぎで、うどんを食べ尽くして、
今度の長野戦は、そばを食べ尽くすと考えていらっしゃる方、
ぜひ、オレンジジュースもいっしょに飲み尽くしてください!(笑)

何はともあれ、長野戦は絶対に勝利!
観客動員の方も、ここらで、讃岐さん並みにドーンといきたいところですね。

さて、ここからはコマーシャル。
(いつも、すみません!)

あの「ゼルビア女子マネマドレーヌ」が、
23日のAC長野パルセイロ戦のホームゲーム会場で
ついにデビューとなります。

今日は、張りきって、宣伝用のポスターを作成しました。

2013061802

A4用紙25枚を貼りあわせた特大サイズ。

手前の箱が6個入りの箱ですから、
大きさを感じていただけると思います。

女子マネも、ほぼ等身大の大きさです。
壁に貼って、並んでみると、ほら、このとおり。

2013061801

言い感じでしょ!
(女子マネに萌えている50超えのオヤジが、なんともアホですが)

23日は、この特大ポスターを持ってまいりますので、
ぜひ、記念写真などいかがでしょうか?

「ゼルビア女子マネマドレーヌ」
オレンジジュースとの相性もぴったりです。

23日は、120箱限定の販売となります。
お買い求めは、どうぞお早めに!

(天野)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧