« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

あきらめるな! ゼルビアは子供たちの未来を拓くチャレンジャー!

JFL第17節。
FC町田ゼルビアは、ホームで、強豪・AC長野パルセイロさんに
0対4のスコアで完敗。

試合終了後のゴール裏では、
ふがいない結果に、サポーターから厳しい抗議の声があがり、

一時、不穏な空気も流れた模様。

セルフジャッジで足を止めて、失点してしまったり、
シュートを全く打てなかったり、
確かに今日のゲームは最悪。

でも、ちょっと待った!

FC町田ゼルビアがめざしているものは、
もちろん、来季のJ2復帰もあるけれど、
ただ、それだけじゃない。

2013062303


試合後のふれあいサッカーで、
無心にボールを追いかける子供たちの未来をつくること。
子供たちがサッカーやスポーツを大好きになって、
いつか、自分が生まれたこの町の名前を背負って、世界に羽ばたくこと。
そんな土壌づくりが、本当にめざすもの。

過去の失敗は、しっかり反省する。
だけど、いつまでもそこにとどまらない。こだわらない。
失敗を次に活かして、また、新しいチャレンジをすることことそが大切。

嫌な気分をすべて引き受けてくれた
深津選手の「男気」に感謝。

子供たちのことを気にかけてくれた
泰成選手の「優しさ」に感謝。

2013062304



さぁ、みんなで、気持ちを切り替えて、
もう一度、チャレンジ!

試合前の戦隊ショーを
真剣に見つめていた
青いおじさんや、ピンクのお姉さんも
きっとそう思っていると思います。

2013062301



FC町田ゼルビアは、子供たちの未来を拓くチャレンジャーです。

ゼルビア戦隊、次は頼んだぞ!

2013062302

↑こんなに腹の出た、ゼルビア戦士はいないけど。(笑)
最後は、みなさまに御礼のご挨拶です。
本日(もう昨日!?)は、スワン町田店の
「ゼルビア女子マネマドレーヌ」をたくさんの方にお買い上げいただき、
ありがとうございました。
残念ながら、デビュー戦を白星で飾ることはできませんでしたが、
スワン町田店は、「女子マネ」といっしょに、
これからも、ずっとFC町田ゼルビアを愛し、応援し続けます。
次回のソニー仙台戦で、また、お会いできることを楽しみにしております。

今後とも、よろしくお願い致します。
(天野)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そばといっしょにオレンジジュースも飲み尽くして臨むパルセイロ戦。そして、ついにあの「女子マネ」がデビュー!?

JFL第16節。アウェーのカマタマーレ讃岐戦は、1対0で執念の勝利を掴んだ。

ネットの動画を観させていただいたが、
絶対に勝たなくてはいけないプレッシャーのもと、アウェーの大観衆、芝のはげたピッチ、不可解なレフリング、そして(おそらくは)大変な暑さと厳しい条件が揃ったこの1戦に勝利できたことは大きな自信につながると思う。

讃岐の木島良輔選手に「参った!」と言わせるような熱い闘いを希望すると、前回のブログに書いたが、よもやのPK失敗には驚き、そして、胸をなでおろした。
試合後のコメントで、「敗戦はすべて自分の責任である」と語っていたようだが、勝負は時の運もある。最後まで走りきった姿には、讃岐のサポーターの皆さんも感動していたみたいなので、気持ちを切り替えて、他のクラブからは、どんどん点を取ってください。(笑)

丸亀まで、応援に行かれたサポーターの皆さん。本当にお疲れさまでした。

讃岐戦の勝利で、首の皮1枚つながったJFL枠での天皇杯出場。
ゼルビアが、大差で長野に勝ち、
讃岐ができれば大差で相模原に負けてくれるという他力本願な状況には
変わりはないが、まずは、きっちり、長野に勝つことが大事。
とは言え、やっぱり強敵です。

16節終了時点で、3敗しているゼルビア。
負けたのはなぜか、すべてホーム。
おまけに、福島に0対1、琉球に3対4、HONDAに1対2と
すべて1点差の悔しい負け。

ゼルビアが負けた3チームに共通していること
3チームともファーストユニフォームが「赤」系。
さらに付け加えると、ホームで引き分けた
佐川印刷、ホンダロックも「赤」系チーム。

このあたりで、長野のオレンジがなんとも不気味なところ。

一方、今季2敗の長野の敗戦は、いずれもアウェー。
藤枝に1対2、ソニーに1対2と、ゼルビア同様に1点差の負け。
さらに面白いのは、
藤枝は藤色、ソニーは水色と、どちらも「青」系チーム。
アウェーで引き分けている秋田もやっぱり「青」系チーム。
(もう1つ引き分けの佐川印刷は「赤」系チームですが)

きっと、長野サポーターの中にも同じようなもの好きが居て、
アウェーの町田戦は、不気味なところだなんて言っているかも。

讃岐戦のゲン担ぎで、うどんを食べ尽くして、
今度の長野戦は、そばを食べ尽くすと考えていらっしゃる方、
ぜひ、オレンジジュースもいっしょに飲み尽くしてください!(笑)

何はともあれ、長野戦は絶対に勝利!
観客動員の方も、ここらで、讃岐さん並みにドーンといきたいところですね。

さて、ここからはコマーシャル。
(いつも、すみません!)

あの「ゼルビア女子マネマドレーヌ」が、
23日のAC長野パルセイロ戦のホームゲーム会場で
ついにデビューとなります。

今日は、張りきって、宣伝用のポスターを作成しました。

2013061802

A4用紙25枚を貼りあわせた特大サイズ。

手前の箱が6個入りの箱ですから、
大きさを感じていただけると思います。

女子マネも、ほぼ等身大の大きさです。
壁に貼って、並んでみると、ほら、このとおり。

2013061801

言い感じでしょ!
(女子マネに萌えている50超えのオヤジが、なんともアホですが)

23日は、この特大ポスターを持ってまいりますので、
ぜひ、記念写真などいかがでしょうか?

「ゼルビア女子マネマドレーヌ」
オレンジジュースとの相性もぴったりです。

23日は、120箱限定の販売となります。
お買い求めは、どうぞお早めに!

(天野)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

町田から丸亀に熱い気持ちを届けよう! 次節、讃岐戦は木島良輔選手に「参った!」と言わせるくらいの熱いファイトを期待!

絶対に勝たねばならないはずの
JFL第15節ホーム、HONDA FC戦は、
残念ながら、1対2で敗戦。

「ゆるキャラ祭り」だったからというわけでは、
ないとは思うけれど、
なんとも「ゆるい」ゲームをやってしまった。

2012060901

Jリーグから降格してきたゼルビアに
一泡吹かせてやろうと、
初っ端から激しい突き押しで攻めてやろうと
手ぐすね引いて待ち構えている相手に対して、
なぜだか、いつも、ふわっとした立ちあいで
受けにまわってしまう。

特定の選手がどうのこうのと言うよりも、
選手全員の気持ちが、とても消極的に思えてしまう。
果敢に攻撃をしかけてくる相手にしても、
最初のうちは、それこそ「捨て身」の攻撃で、
逆に「いつやられるか」という不安もあるに違いない。

その不安な気持ちをつくことができないまま、
受けているつもりが、いつしか相手のペースに、すっかりはまってしまって、
「ん、ゼルビア? なんだこの程度か」と思われてしまう。

失点した後、ようやくエンジンがかかって、
ようやく、前へという気持ちが生まれ、怒涛の攻めを見せるが
時はすでに遅し。
相手チームには、もう、「ゼルビア恐し」という不安な気持ちは
消えてしまっている。

故障者が多く、メンバーの入れ替わりが激しく、
連携もうまくいかずに、
もういちど、1からチームを作り直しているような状況にあることも
わかるが、やっぱり、気持ちがいまいち伝わってこないのが淋しい。

2013060903

HONDA FCのサポーターが掲げていた横断幕には、
「アマチュアど根性」と、
書かれていた。

サッカーは、根性論だけではできないのはわかっているが、
実力が同じくらいのチームなら、
最後に勝敗を分けるのは、「勝ちたい」という気持ちの強さに他ならない。

JFL枠の天皇杯自力出場は、消滅してしまったが、
それよりも、もっと大切な(大きな)目標のために、
次のアウェー讃岐戦では、気持ちのこもったプレーを魅せてほしい。

讃岐には、気持ちの強さなら、誰にも負けない
元ゼルビア戦士が、古巣との対戦を楽しみに待っているにちがいない。
木島良輔選手に「参った!」と言わせるような熱いファイトを期待したい。

ここからは、コマーシャルです。

スワンカフェ&ベーカリー町田2号店では、
アウェー讃岐戦開催の6月16日(日)の「スワンの日」に、
ゼルビア応援企画として、
「ゼルビーのデコシール」づくりのワークショップを開催します。

Deco3

下絵の描かれたシールに
ラインストーンと呼ばれるビーズを
ピンセットでつまんで、
根気強く貼り付けていくと、
写真のようなデコシールが完成します。
(完成までには、1時間くらいかかります)
(とにかく、根気がいる作業です)

完成したシールを、携帯やスマホに貼っていただくと、
他にはないオリジナル携帯(スマホ)の出来上がり。
みんなに自慢できますよ!

ワークショップは、11時、13時、15時の3回開催。
各回4名様の受付となります。

ワークショップへの参加をご希望の方には、
午前10時から、先着12名様限りで、参加券を配布いたします。
「ゼルビア応援企画」ですから、もちろん、参加料は無料です。
完成したデコシールも無料でお持ち帰りいただけます。

町田から、丸亀に
いっしょに熱い気持ちを届けられたらと思います。

(特に)ゼルビアサポーターの方のご参加をお待ちしております。

(天野)

Swan20130616

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月23日のAC長野パルセイロ戦でデビューします。「ゼルビア女子マネマドレーヌ」販売開始のご案内

20130602001

JFL第14節。

FC町田ゼルビアは、アウェーでYSCCさんと対戦。

アウェーといっても、ニッパツ三ッ沢球技場。
町田から約1時間で着いてしまいます。

マリノスを応援していた(今もJ1では、マリノスですが)頃は、
何度も通った三ッ沢球技場ですが、
メインスタンドに座ったのは初めてです。
メインスタンドが前売りで800円。
交通費といい、チケットといい、なんてお財布に優しいアウェー戦でしょう。

結果は、残念ながら1対1のドロー。
せっかく、讃岐さんが引き分けてくれたにもかかわらず、
差を詰めることができず、長野さんにも抜かれ、3位に後退。

20130602002

メガホン、小旗片手に、声を張り上げ、応援し続けた
55番もがっかりしていました。

J2から降格したクラブに一泡吹かせてやろうと、
対戦相手は、どのチームもがむしゃらにハードワークで
ゼルビアに挑んできています。

そんな相手を軽く見たり、いなしてやろうなんて気は、
もちろん選手たちにあろうはずはありませんが、
なぜだか、いつも受け身の姿勢で、ゲームに入っているような
気がしてなりません。

先制されて、やっとスイッチが入るといった感じです。

がむしゃらにぶつかってくる相手には、よりがむしゃらにぶつかっていく、
きれいなパスワークで崩そうなどと考えずに、
強引にドリブルを仕掛けたり、隙あればミドルシュートをがんがん撃つ、
相手より一足速くボールに触れる。
タッチを割りそうなボールも、あきらめずに最後まで追いかける。
全員がもっと汗をかくサッカーを観たいなと思います。

今日のゲームでは、柳崎選手に一番、そんな姿勢を感じました。
不慣れなサイドバックで、ちょっとひやひやさせられる場面もありましたが、
大きな目玉をひんむいて、真剣にボールを追う柳崎選手の姿に
熱くなりました。

次回のホームゲームこそ、期待してます!

20130602003

ところで、三ッ沢のゴールって、組み立て式なんですね。
何度も通っていて、初めて知りました。

ここからは、スワン町田店のコマーシャルです。

この間、スワンカフェ&ベーカリー町田店で、
こっそりと準備を進めていた新商品。

今日、すべての発注が終わりました。

スワン町田店が応援する
『FC町田ゼルビア』のサポーターの皆さんに
なによりも喜んでいただきたくて開発を進めた商品
『ゼルビア●●マドレーヌ』です。
(●●のところは、またあとで)

商品内容は、
スワン特製のマドレーヌに、
ゼルビアのエンブレム、ロゴ、ゼルビーが入った
6個入りセットです。

Image02

たっぷりとバターを贅沢に使用した特製マドレーヌは、
ふっくら、しっとり、そしてなにより口どけのよさ。
お子様から大人の方まで、
きっと「おいしい!」と満足していただけるはずです。

写真が反射して、見えにくいので、
下に商品デザインを並べてみました。
写真では、エンブレムの商品が黒くつぶれて見えますが、
大丈夫です!
ちゃんと、改良をお願い済です。

Image05

FC町田ゼルビアを応援するすべての皆さまに
笑顔をお届けしたいと思います。

6個入りのマドレーヌは、
下の写真の化粧箱に入ります。
しっかりとした箱ですから、
ぜひ、ご贈答用としても
お使いいただければと思います。

また、帰省の折や、地方の方への贈り物として、
「町田の名産品」「町田にFC町田ゼルビアあり!!!」と
いった感じで、お使いいただければ、
なお一層、うれしく思います。


Image03

そして、箱には、
下の写真のように、
スリーブをかけます。
(包装紙の代わりです)

ゼルビアのサポーターの方なら、
きっとご存じのイラストレーターの高田桂さんに
描きおろしをお願いした
オリジナルイラストのスリーブです。

Image01

萌え系の女子が、ゼルビアのユニフォームを身にまとい、
「町田魂」のシールを貼ったトラメガと、
ビッグフラッグを持って、
これからゼルビアの応援に向かおうとする姿を
全面にあしらいました。

可愛らしい彼女にちなんで、
この商品の名前は、こう決めました。

「ゼルビア女子マネマドレーヌ」。

ちょっと舌を噛みそうですが、
ゼルビア女子マネマドレーヌ、ゼルビア女子マネマドレーヌ、
ゼルビア女子マネマドレーヌと3回言えば、
ほら、耳に馴染んできたでしょ!

ネーミングのアイデアは、
ゼルビアマガジンの編集長からいただきました。

「ゼルビア愛」のいっぱいつまった新商品です。

スリーブは開くと、こうなります。(展開図)です。

Image04

どうですか? 
もう、最高に可愛いでしょ!

スリーブは、一工夫して、ご自分で底をつけていただけば、
ミニマガジンラックになるような形になっています。

マドレーヌを食べ終わったあとは、
可愛い女子マネをぜひ、机の上に飾って、
いっしょにゼルビアを応援してください。

「ゼルビア女子マネマドレーヌ」は、
6個入り1箱2000円で、
6月23日(日)のホームゲーム AC長野パルセイロ戦から
販売開始となります。
(この日は120ケースの限定販売です)


「ゼルビア女子マネマドレーヌ」は、
「ゼルビア福祉アシスト」プロジェクトの協力商品として販売し、
売上の一部は、地域福祉の向上のために
使わせていただきます。

皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。

最後に、スリーブのカットで切れてしまっている部分も含めて、
高田桂さんの原画をご紹介します。

Genga

6月23日の発売(デビュー)をどうぞ、お楽しみに!

長いコマーシャルを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

(天野)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »