« いっしょに生きよう。暮らし元気マガログ『コトノネ』への激励のメール(等)をいただき、ありがとうございます。 | トップページ | 「コトノネ」が結んだ縁。「コトノネ」を携えて、春を探しに行こう! »

~いっしょに生きる。暮らし元気マガログ~『コトノネ』の宣伝と普及にご協力ください

 『コトノネ』の編集でお世話になっている株式会社ランドマークの里見さんが、精力的に『コトノネ』の宣伝活動をしてくださっています。

 下記ブログで3連発。ぜひ、ご覧になってください。

http://o-shobo.jp/blog/2012/02/post-459.html#more (『コトノネ』創刊)

http://o-shobo.jp/blog/2012/02/post-460.html#more (創刊号は無料でお届けします)

http://o-shobo.jp/blog/2012/02/post-461.html#more (『コトノネ』はこの店で)

 「プロの仕事はこういうもんなんだ」と改めて、学ばされます。

 「福祉施設の経営改革が必要!」と唱えていても、まだまだ経験も力も足りないことを思い知らされます。もっと、がんばらねば!

 今回の『コトノネ』発刊事業は、独立行政法人福祉医療機構様の社会福祉振興助成事業の助成金を受けておこなっています。

 『コトノネ』の発行所は社会福祉法人ウィズ町田ですが、助成事業は、全国的・広域的ネットワーク事業という枠組みで、宮城県のはらから福祉会さん、京都府のまいづる福祉会さん、和歌山県の一麦会さん、岐阜県のいぶき福祉会さんの他府県の4つの社会福祉法人さんに、連携団体として、ご協力をいただいております。

 それぞれの地元で、『コトノネ』の普及にとりくんでいただいており、これもまた有難い限りです。

 創刊号は1万部の発行ですが、すでに8千部以上は、発送先も決まっており、町田市内の就労移行支援事業所サエラさんが、日々、封入と発送作業に、がんばってくださっています。

 『コトノネ』がお手元に届いた方からは、毎日、温かい励ましのメールをお寄せいただき、モチベーションアップにつながっています。(できる限り、返信させていただくように、がんばっていますが、まだ届いていない方がいらっしゃったら、申し訳ありません)

 来週月曜日から3日間の予定で、第2号の取材で、東北地方の事業所を訪問させていただきます。第2号では、レストランやカフェなど接客の現場で働く障害のある人たちの姿を特集のひとつに取り上げさせていただく予定です。

 『コトノネ』創刊号、ぜひ、お読みになりたいという方は、メールでご送付先をお伝えください。

 里見さんが紹介されているお店の他、ウィズ町田のスワン町田店、とうふ菜園玉川学園前店でも、創刊号を配布させていただいておりますので、お買物とと合わせてどうぞ、ご来店ください。

 皆様のホームページやブログ、ツイッター、フェイスブック等でも『コトノネ』をご紹介いただければ、大変ありがたく存じます。どうぞ、よろしくお願いします!

(天野)

|

« いっしょに生きよう。暮らし元気マガログ『コトノネ』への激励のメール(等)をいただき、ありがとうございます。 | トップページ | 「コトノネ」が結んだ縁。「コトノネ」を携えて、春を探しに行こう! »

東日本大震災による被災障害者施設の復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/44054068

この記事へのトラックバック一覧です: ~いっしょに生きる。暮らし元気マガログ~『コトノネ』の宣伝と普及にご協力ください:

« いっしょに生きよう。暮らし元気マガログ『コトノネ』への激励のメール(等)をいただき、ありがとうございます。 | トップページ | 「コトノネ」が結んだ縁。「コトノネ」を携えて、春を探しに行こう! »