« 『コトノネ』の納品と、WEBサイト『コトノネヤ』の開設。 | トップページ | ~いっしょに生きる。暮らし元気マガログ~『コトノネ』の宣伝と普及にご協力ください »

いっしょに生きよう。暮らし元気マガログ『コトノネ』への激励のメール(等)をいただき、ありがとうございます。

 1月末に創刊なった~いっしょに生きよう。暮らし元気マガログ~『コトノネ』。

 先週から、発送作業にとりかかっていますが、まだ、ほんの少しの方にしかお送りできていません。封筒印刷から封入作業、発送作業までをお手伝いしていただいている町田市内の就労移行支援事業所サエラさんでもフル稼働で準備を進めてくださっており、明日(8日)には、1000部発送できるとのことです。

 すでにお送りさせていただいたところから、大変、ありがたいことに、、『コトノネ』に対するご評価のメールや年間購読のお申し込みをすでに何件かいただいています。

 そのいくつかをここでご紹介させていただきます。

【奈良県の事業所からいただいたメール】

ご無沙汰しております。

昨年、東北物産展でお世話になりました

奈良の●●です。

昨年来お話を聞かせて頂いていました

『コトノネ』が本日●●にも届きました。

楽しみにしておりましたので、本当にうれしく

思います。ありがとうございました。

創刊号が完成するまでの丁寧な取材や

様々な準備があってこそのこの完成度なんだと

全ての写真から伝わってくる「思い」を感じながら

読ませていただきました。

特に陸前高田の子ども達の眼差しには

しばらく動けないほど感じるものがありました。

さっそく定期購読を申し込む職員もいます。

ぜひ私もそうさせていただきます。

できれば、私の周りにも知ってもらいたいと思い

もし、数冊でも送っていただけるものが残って

おりましたら、お願いできますでしょうか。

実は、当法人も創立10周年を節目とし

記念冊子を作成しました。全職員参加で、必死で

作ったのですが、あらためて「コトノネ」からたくさんの

ことを学ばせて頂きました。

私たちもいつか、このようなかたちで「思い」を伝える

力を持ちたいと思いました。

ありがとうございました。

寒い日が続きますがご自愛下さい。

【京都の事業所(連携団体)からいただいたメール】

『コトノネ』創刊号 ご送付いただき本当にありがとうございます。

天野さんから製本前のカラー原稿をいただいていましたので、しっかり読み込んではいましたが

やはり、製本されると違いますね。一気に読みました。細かな部分まですごく配慮されており読み終わった後、涙がにじんできました。

天野さんと里見さんのお人柄がにじみでていました。(里見さん本当に素敵です!)

お疲れ様でした。そして、ありがとうございます。

何かとお世話になった割には何もできず本当に申し訳ありませんので、普及と宣伝につとめたいと思います。

2月もあちこちに飛び回ります。神戸で東日本大震災の講演をします。3050人くらいだと思いますが宣伝してきます。

そんなわけで、余裕があれば見本誌・宣伝紙を100部(もっとたくさんでもうれしいです)ほど送ってもらえませんでしょうか?

●●の「販売コーナー」にも並べて、代金の代わりに被災地の支援募金を募れればと思います。

よろしくお願いします。

取り急ぎお礼まで

『コトノネ』(勝手に)販売促進担当 ●●

【大阪の事業所の方からは、早速、コトノネヤの商品のご注文をいただきました】

こんにちは、私は財団法人●●市障害者事業団の●●と申します。

 

 この度は、「コトノネ」をご恵送下さり、本当にありがとうございました。

 一つひとつの記事や写真から、皆さんの息吹が伝わってきます。

 たまたま、先日、神奈川県のセルプ協さん&知的障害者福祉協会さんの

研修におじゃましたとき、カンバッジを買わせていただいたので、記事をみつけた

ときは、それだけでうれしくなりました。

 さて、次の商品を購入したく思いますので、このメールにて申込をさせて頂きます。

 今後とも、どうぞ、よろしくお願いします。

 失礼します。

【個人の方からも、年間購読のお申し込みをいただきました】

コトノネ創刊号をお送りくださりありがとうございました。

この所の寒さで、縮こまり家でだらだらしていましたが、この創刊号を読み、心がしゃんとしました。大きなエネルギーが紙面から伝わってきました。

戸羽陸前高田市長のインタビュー、鼎談、武田元理事長に聞く に特に心を打たれました。

熱意と使命感を強く感じます。退職前は教師をしていました。同じように元教師だった武田理事長の生き方に頭が下がります。

病気治療後、のんびりと日々を過ごす自分と比べ、恥ずかしい気がしました。

出来る範囲で、障がい者の皆さんとの絆を深めたいと思います。コトノネの今後が楽しみです。何かお手伝いできることがありましたら、よろしくお願いいたします。

 『コトノネ』創刊号は、独立行政法人福祉医療機構様の社会福祉振興助成事業の助成金を受けて、ご希望される方に無償頒布しております。

 『コトノネ』の無償頒布・発送(送料無料)をご希望の方は、下記メールアドレスまで『コトノネ』希望とご記入の上、送付先とお名前をお知らせください。

 s-raimu@nifty.com

 皆様のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

(天野)

|

« 『コトノネ』の納品と、WEBサイト『コトノネヤ』の開設。 | トップページ | ~いっしょに生きる。暮らし元気マガログ~『コトノネ』の宣伝と普及にご協力ください »

東日本大震災による被災障害者施設の復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/44023159

この記事へのトラックバック一覧です: いっしょに生きよう。暮らし元気マガログ『コトノネ』への激励のメール(等)をいただき、ありがとうございます。:

« 『コトノネ』の納品と、WEBサイト『コトノネヤ』の開設。 | トップページ | ~いっしょに生きる。暮らし元気マガログ~『コトノネ』の宣伝と普及にご協力ください »