« 「おいしい応援」。東日本大震災の被災地復興支援のための「ミニ物産展」開催に便利な「5万円パッケージプラン」のご案内 | トップページ | 「酒井プロジェクトPART2」へのご協力の御礼(協力団体・ウィズ町田から) »

おかえりなさい! ソニー仙台。「ニッポン!」コールでひとつになった気持ちを大切にしていきたい

 17日の栃木戦については、もうかなり日も経っているので、ごく簡単に。

 とにかく暑かった! 応援の声出しをしていると、喉の奥が熱風で焼けて、ヒリヒリしてきます。声を出そうとしても、声が出ない状況です。水分はいくら飲んでも、飲んだ途端、汗に変わるという感じです。

 スタンドでこうですから、ピッチの上はもう、熱地獄にちがいありません。ピッチの状態が悪かった。去年の野津田と同じです。去年の前半、ホームで苦戦が続いたように、ゼルビアのパスサッカーには、あのピッチが大きなハンデになります。

 とは言え、暑いのもピッチが悪いのも、栃木にとっても同じ条件。アウェー松本戦のときと同様に、決して相手を甘くみて、油断したわけではないでしょうが、やっぱり、「勝ちたい気持ち」で負けてしまっていたのかもしれません。

 ポポヴィッチ監督が、試合後のコメントにもあるように、しっかりとお灸をすえてくれているはずなので、同じ失敗をもう2度と繰り返さないことが肝心です。

 昨日(21日)のソニー仙台戦。復興支援ゲームということで、リーグ戦の対象外。先発メンバーを大幅に入れ替えて、臨んだゲーム。

 前半は、GK吉田選手のファインセーブがなければ、2点くらい取られていても仕方のない展開でした。個々の選手は、もちろんそれぞれ頑張っていますが、連携がいまいち。特に中盤が大きく空いてしまい、ソニー仙台の選手が自由にパスを回したり、スペースを取る動きには、何度もヒヤヒヤさせられました。

 それでも、川邊選手、大前選手のCBがよくがんばった。川邊選手は相変わらずハイボールの競り合いに強く、CBはおそらく初めてであろう大前選手の沈着冷静なプレーには、太田選手のCB以上に、驚かされた。

 ソニー仙台は、やはり良いチーム。前半の寄せの速さは、ゼルビアを上回っていましたね。良く走り回る9番、10番の選手を、19番の選手が更に速い動きでフォロー。19番の選手は、ドリブルもうまく、長髪を後ろで束ねた姿を見ていると、なんとなく木島選手のプレーとだぶって見えました。(後半途中で交代してしまったのが残念ですが、ソニー仙台さんとしては、次のゲームに向けての温存策でしょうか)

 後半、次々とレギュラー組が投入されてからは、ゼルビアのペース。ゴール前に何度も迫るスペクタルな展開は、得点こそあげられませんでしたが、観ていて、本当に楽しいものでした。(もちろん、リーグ戦対象外試合だからですが)

 17日の栃木戦の反省を活かして、この日、後半途中からの動きで、最初から一瞬も気を抜くことなく、ゴールに向かえば、天皇杯への道は必ず拓けるものと信じています。

 試合終了後、ソニー仙台とゼルビアの選手がいっしょに横断幕を持ち、お互いの健闘を讃えあいながら、スタジアムを一周。スタンドからは、ソニーもゼルビアもなく、「ニッポン! ニッポン!」のコール。復興に向けて、ひとつになった気持ちに胸が熱くなりました。

 この日は、ゼルビアフロントのご厚意で、メインスタンド入り口前で、東北の復興支援のための物産展テントを出店させていただきました。

 雨模様にもかかわらず、たくさんの皆様にお買い上げをいただき、本当にありがとうございました。

 ゼルビアスポンサーのフェローズさんのブログで、 「こういう支援が一番確実に被災地に届くと思います」という、大変嬉しい評価のお言葉を拝見させていただきました。ありがとうございます。

 http://ameblo.jp/l-pherrow/entry-10993340936.html

 21日の試合の前日まで、東北地方の被災地を訪問していました。酒井選手のプロジェクトでサッカーゴールを贈った岩手県・陸前高田市も訪ねました。

 震災から5ヶ月以上経った今も、「がれき」こそ集積所に移されたものの、市街地には何もなく、荒涼とした空き地が広がるばかりです。

 被災地以外では、一時の「支援ブーム」も徐々に下火になりかかっていますが、真の復興までには、まだま長い時間と莫大な費用がかかることが自明です。だからこそ、震災を風化させることなく、息の長い支援を続けていくことが大切だと思います。

 引き続き、東北地方の障害者施設の製品を中心とする物産展の開催を通じて、「おいしい応援」を続けていきたいと思います。

(天野)

 

 

 

|

« 「おいしい応援」。東日本大震災の被災地復興支援のための「ミニ物産展」開催に便利な「5万円パッケージプラン」のご案内 | トップページ | 「酒井プロジェクトPART2」へのご協力の御礼(協力団体・ウィズ町田から) »

FORZA FC MACHIDA ZELVIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/41314473

この記事へのトラックバック一覧です: おかえりなさい! ソニー仙台。「ニッポン!」コールでひとつになった気持ちを大切にしていきたい:

« 「おいしい応援」。東日本大震災の被災地復興支援のための「ミニ物産展」開催に便利な「5万円パッケージプラン」のご案内 | トップページ | 「酒井プロジェクトPART2」へのご協力の御礼(協力団体・ウィズ町田から) »