« 「陸前高田の子供たちに夢とゴールを届ける」 FC町田ゼルビア酒井良選手のプロジェクトにご理解とご協力をお願いします | トップページ | もう1つも落とさない強い気持ちで再スタート。30日は野津田を青く染めよう! »

宮城から届いた手紙と写真集。8月6日に第2回復興支援 東北地方・大物産展を開催します(第2回東北地方・大物産展情報1)

 4月30日に、まちされん主催で開催した東北地方・大物産展の被災地側の商品とりまとめで、お世話になった宮城県の社会福祉法人はらから福祉会の武田理事長より、地元の新聞社「河北新報社」が出版した写真集とお手紙が届きました。

 以下、いただいたお手紙を転載します。

町田作業所連絡会の皆様

 猛暑日が続いております。いかがお過ごしでしょうか。
月日がたつのは早いもので、あの大震災から4カ月が経過しました。いろいろありましたが、はらから利用者約300名、職員約100名、併せて400名、何とか日常の業務ができるようになりました。これもひとえに皆様から心温まるご支援をいただいたおかげです。心から御礼申し上げます。

 今回の大震災による被害状況ですが、はらから福祉会8か所の事業所は海沿いの町にある2か所を含めて全て津波被害を受けることはありませんでした。そのため地震で建物の一部損壊や設備の破損はありましたが、人的被害は皆無でした。ただし、家族には被害が出ました。両親を津波で失った利用者さんもいます。避難所から仮設住宅へ移ってこれからという人も10人近くおります。

 就労支援事業につきましては、ライフラインの復旧が遅れた地域もあり、全施設が稼働再開できたのは5月からでした。原材料の包材の入手に困難を極めた時期もありましたが、今はほぼ通常に戻りました。売上の減少に危機感を覚えましたが、全国各地の復興支援物産展等からご注文をいただき何とか震災前の水準に近付きつつあります。

 今回、私たちは貴重な経験をしました。それは自然災害の前では、障害の有無、程度に関係なくみんな同じ立場に立たされるということです。ガソリンや食料を求めて長蛇の列ができました。現金が無ければ何も手に入りません。前述した利用者さんは突然両親が目の前からいなくなり、自分の力で生きていかなければなりませんでした。グループホームへ入居することになりましたが、それを可能にしたのは年金と合わせて10万円を超える工賃でした。

 大震災でライフラインが止まり休業状態になった施設が再開した時、さあやるぞと言わんばかりに勇んで送迎バスから降りてきた利用者さんの様子を職員から知らされたとき、やっぱりそうだ、働くことと所得保障はこういう時だからこそ大事なんだと改めて確認しました。

 回数は少なくなりましたが、まだ余震は続いておりますし、売上もイベント頼みです。本格的な復旧・復興までにはまだまだ時間がかかりそうです。でも何とか元気を出して前進するつもりですので、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

 地元の新聞社「河北新報社」が出版した写真集をおとどけいたします。被害状況をご覧いただければと思います。
 今までのご支援に感謝申し上げます。ありがとうございました。

平成23年7月21日
社会福祉法人はらから福祉会 理事長 武田 元

(以上、転載)

 武田さんが送ってくださった写真集、『報道写真集 巨大津波が襲った3・11大震災 発生から10日間 東北の記録』(定価1000円)は、下記の河北新報社のサイトから注文することができます。
 地震の後に、押し寄せた大津波が、いかに想像を絶するものであったかを、改めて痛感させられます。

http://jyoho.kahoku.co.jp/tsunami/tsunami.html

 8月6日(土)に4月と同じ「ぽっぽ町田」で、第2回目の東北地方・大物産展を開催します。今回は、「一般社団法人 町田市観光コンベンション協会」様から、同協会で主催される「まちの駅 ぽっぽ町田 ~第2回ゆかた祭り&風の盆~」のイベントの一環として、ご招待を受けました。ありがとうございます。

 4月と同様に、被災地の障害者施設や企業の商品を販売し、復興支援活動にとりくみます。

 詳しくは、下記ホームページをご覧になってください。

http://machida-guide.or.jp/


 4月よりも、更にグレードアップした商品を取りそろえて、皆様のご来場をお待ちしております。次回以降のブログで、商品の紹介をさせていただく予定です。

 たとえ、被災地に行くことができなくても、町田に居ながらにしてできる支援はたくさんあります。消費活動を通して、被災地の障害者施設や産業の復興支援をおこなうこともそのひとつです。

 これからも息の長い支援を続けていきたいと思います。皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

(天野)

|

« 「陸前高田の子供たちに夢とゴールを届ける」 FC町田ゼルビア酒井良選手のプロジェクトにご理解とご協力をお願いします | トップページ | もう1つも落とさない強い気持ちで再スタート。30日は野津田を青く染めよう! »

東日本大震災による被災障害者施設の復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/40925710

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城から届いた手紙と写真集。8月6日に第2回復興支援 東北地方・大物産展を開催します(第2回東北地方・大物産展情報1):

« 「陸前高田の子供たちに夢とゴールを届ける」 FC町田ゼルビア酒井良選手のプロジェクトにご理解とご協力をお願いします | トップページ | もう1つも落とさない強い気持ちで再スタート。30日は野津田を青く染めよう! »