« ウィズ町田のケアホームで働いてみませんか? (パート職員募集) | トップページ | まほろ駅前東北大物産展へようこそ!(カウントダウン情報18 あと3日) »

「このままではいけない」「変わらなくてはいけない」という思いが祈りや励ましになる (カウントダウン情報17 あと3日)

 いよいよ、あと3日に迫った「大物産展」。今日はこの後、会場となる「ぽっぽ町田」に行き、最終打ち合わせをおこないます。打ち合わせから戻った後は、前日準備と当日の運営について、人員の割り振りやタイムテーブルの作成をおこなう予定です。

 物産展で販売する商品は、前日(29日)の午後に町田に届きます。荷物の搬送は、公益財団法人ヤマト福祉財団様のご支援をいただけることになり、被災地、開催地ともに送料の負担がなくなりました。約20万円の経費が浮いた分、被災地の支援に回すことができます。

 また、当日はヤマト福祉財団からも、販売等のお手伝いの人員を出していただけることになりました。更に、財団ニュースでも、今回のイベントを紹介し、全国に広げていくお手伝いをしていただけるとのことです。3月11日の地震があった日、天野は銀座にある株式会社スワンの応接室で、スワンの海津社長と面会中でした。段々激しくなってくる揺れに、内心は怯えながらも、同じ年の海津社長と意地を張り合うように冷静を装っていました。

 海津さんも昨日、はらから福祉会の武田理事長を訪ねられたそうです。不思議な縁でどこかでみんながつながっていることを嬉しく思います。

 被災地から届く商品の量は、ロールボックス(かご車)で10本という情報を、ヤマト福祉財団の早川常務からいただきました。10トン車の約3分の2の量ということで、ちょっと想像がつきませんが、相当に覚悟のいることは確かです。被災地で、がんばっている障害のある人たちの姿を思いながら、大切に仕分けていきたいと思います。

 前日から、はらから福祉会の職員さん2名がお手伝いに来てくださるとのことです。イベント開会のセレモニーでは、被災地の代表者として、ご挨拶をいただくことになっています。Eさんとは、電話で一度お話させていただきましたが、朴訥な東北弁が心地よく耳に残っています。学生時代に何度か、東北地方の山に登りましたが、穏やかで粘り強い東宝の人たちの気質とぴったり重なるような、たおやかな山並みが印象に残っています。どんなご挨拶を聞けるかとても楽しみです。

 昨夜、毎日新聞町田支局の記者さんから連絡をいただきました。町田と同じように物産展のとりくみを計画されている大阪府堺市や岐阜県岐阜市の関係者の方にも精力的に取材をしていただき、できれば、この障害者施設の復興支援のとりくみを全国版で記事にしたいと奔走してくださったようです。

 残念ながら、全国版の記事としては、難しそうだということですが、地方版でも、こちらとしては大変ありがたいことです。最初は小さな一歩でも、しっかり前に踏み出すことが肝心です。

 スワン町田店がいつもお世話になっている毎日新聞の町田中央販売所さんが、物産展のチラシ3000枚を無料で、新聞折り込みしてくださるという嬉しい報告も入ってきました。

 町田作業所連絡会の会員施設からも、前日、当日のボランティア登録の用紙が届いています。でも、まだまだ人手が足りません。少しの時間でも構いませんから、物産展の成功のために、皆さんの力をお貸しいただければありがたく思います。

 このブログをご覧になっている方で、ご協力をいただけるという方がいらっしゃいましたら、下記メールアドレスまでご連絡ください。個人の方のご協力も大歓迎です。

s-raimu@nifty.com

 

 みんなが、被災地の人のために何か少しでも役に立ちたいという優しい気持ちに包まれている今の日本はすごく素敵な国だと思います。無関心でいることが当たり前のようになっていたこの国の人たちが、大きな犠牲のもとに、このままではいけない、変わらなくてはいけないと、考え始めたのだと思います。この気持ちをずっと持続していくことが、本当の意味で、震災で亡くなった方や被災された方への祈りや励ましになるのだと思います。

「event02.doc」をダウンロード

 物産展の会場でお待ちしています。ひとりでも多くの方のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

(天野)

 

 

|

« ウィズ町田のケアホームで働いてみませんか? (パート職員募集) | トップページ | まほろ駅前東北大物産展へようこそ!(カウントダウン情報18 あと3日) »

東日本大震災による被災障害者施設の復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/39765824

この記事へのトラックバック一覧です: 「このままではいけない」「変わらなくてはいけない」という思いが祈りや励ましになる (カウントダウン情報17 あと3日):

« ウィズ町田のケアホームで働いてみませんか? (パート職員募集) | トップページ | まほろ駅前東北大物産展へようこそ!(カウントダウン情報18 あと3日) »