« 今、同じ空の下でがんばっている被災地の障害のある人たちの姿をお届けします。(カウントダウン情報9 あと10日) | トップページ | つながりを点から線へ、線から面へ。それが復興の力になる (カウントダウン情報11 あと8日) »

「物流のプロ」の協力も得て、つながりを運ぶ。「がんばろう、ニッポン」「がんばるぞ!東北」の思いをリレーする。(カウントダウン情報10 あと9日)

 4月30日のイベント開催まで、ついに10日を切りました。ここからが本当のカウントダウンです。

 ここに来て、宮城県仙台市内の精神障害者の方の作業所3か所が、本イベントへの参加を表明してくださいました。出品される商品と併せて、ご紹介します。

 トップバッターは、「わ・は・わ」さん。商品は、「乾燥糸こんにゃく」(500円)

 続いて、「わ・は・わ 広瀬」さん。商品は、「リサイクル石鹸さいかち」(1㎏ 300円)

 この2か所は商品を1点に絞り込んでの「参戦」となります。

 最後は、「わ・は・わ つなぎっこ」さん。商品は、「ネックレス」や「カード」などの小物に加えて、「さおりマフラー」(4000円)を5点限定で販売。手間暇かけて織り上げるさおり織のマフラーだけにまさに早いもの勝ちの勝負です。

 これで被災地からの参加作業所は、全部で17か所になりました。

 先日、今回参加を表明してくださった「わ・は・わ」の職員さんから、メールをいただきました。驚いたことに、3年前に、天野が第1号ジョブコーチの養成研修を受けた時の同期生の方でした。お互いに仕事が忙しく、連絡を取ることもなく、この間、過ごしてきましたが、人の縁やつながりの不思議さを感じます。被災地でがんばっている彼や彼が支援している人たちのためにも、また、がんばろうという気持ちが強くなります。

 被災地でとりまとめをしていただいている「はらから福祉会」さんから、現時点での商品リストを送っていただきました。

 総点数で12000点、段ボール、発砲スチロールの箱で240箱くらいの、ものすごい量になっています。売上目標額も400万円を超えています。

 まず、これだけの荷物をどのように輸送するのか、果たしてその輸送コストはどれくらいかかるのかとご心配してくださる方もいらっしゃるかと思います。

 でも、ご安心ください。今回の物流に関しては、「ヤマト福祉財団」さんを通して、「ヤマト運輸」さんの全面的な協力を得られることで話が進んでいます。本当にありがたいことです。もし、仮にこの物流コストを負担するとしたら、段ボール1個600円で計算しても、240個で約15万円の費用がかかってしまいます。

 「ヤマト福祉財団」の早川常務理事に、宮城の武田さんと私からご相談させていただいたところ、「そういう趣旨であれば、ヤマトがお手伝いをさせていただきたい」また、「今回の町田のイベントだけではなく、今後、全国で同様のとりくみがおこなわれる際のお手伝いについても検討していきたい」という力強いお言葉をいただくことができました。

 「物流のプロ」のご協力も得て、東北から、町田まで商品を大切に運んできます。ものをつくる人から、ものを運ぶ人、販売する人、商品を買う人、ものの流れと同じように、「がんばろう、ニッポン」「がんばるぞ!東北」の思いや「つながり」をリレーできれば、それはとても素晴らしいことだと思います。

(天野)

 

 

 

 

 

|

« 今、同じ空の下でがんばっている被災地の障害のある人たちの姿をお届けします。(カウントダウン情報9 あと10日) | トップページ | つながりを点から線へ、線から面へ。それが復興の力になる (カウントダウン情報11 あと8日) »

東日本大震災による被災障害者施設の復興支援」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/39687400

この記事へのトラックバック一覧です: 「物流のプロ」の協力も得て、つながりを運ぶ。「がんばろう、ニッポン」「がんばるぞ!東北」の思いをリレーする。(カウントダウン情報10 あと9日):

« 今、同じ空の下でがんばっている被災地の障害のある人たちの姿をお届けします。(カウントダウン情報9 あと10日) | トップページ | つながりを点から線へ、線から面へ。それが復興の力になる (カウントダウン情報11 あと8日) »