« 自分の力で立ち上がろうとする人を後押しするような支援が望まれる(カウントダウン情報8 あと11日) | トップページ | 「物流のプロ」の協力も得て、つながりを運ぶ。「がんばろう、ニッポン」「がんばるぞ!東北」の思いをリレーする。(カウントダウン情報10 あと9日) »

今、同じ空の下でがんばっている被災地の障害のある人たちの姿をお届けします。(カウントダウン情報9 あと10日)

 昨日は、毎日新聞社社会部町田記者の方にご訪問をいただき、4月30日の「大物産展」に関する取材を受けました。

 イベント開催の趣旨や、大物産展で販売する商品の内容、被災地の様子など、様々なことに関心をお寄せいただき、細かな質問をたくさん受けました。先日、取材をいただいたタウンニュースの記者の方もそうでしたが、記者の方の情報に関する好奇心や、情報を読み解く力、そして、情報で得たものを再構築して、読者に伝える力の高さには感動を覚えます。

 また、記者さんならではの、目のつけどころには、こちらが今まで発信できていなかった盲点に気づかされます。昨日の記者さ んからは、「ところで、作業を再開した障害者施設は今、どんな様子ですか?」「できれば、写真がほしい」という質問と要望を受けました。

 確かに、その通りです。今回の大物産展に送り込まれてくる商品が、今どのように作られているかを、皆さんにお知らせすることが大切です。「がんばるぞ!東北」のスローガンに込められた思いを、実際に再開後の作業所で、頑張っている障害のある人たちの姿を通して、感じ取っていただければと思います。

 被災地でとりまとめをしていただいている「はらから福祉会」の武田理事長に、メールでお願いをさせていただいたところ、早速、本日の作業風景を写真に撮って、送ってくださいました。今、同じ空の下、被災地でがんばっている障害のある人たちの姿をぜひ、ご覧になってください。

(蔵王すずしろの豆腐づくりの光景)

Suzushiro01_2

 Suzushiro02_2

Suzushiro03_2

Suzushiro04_4

 Suzushiro05_3

 

 写真で見る限りは、徐々に日常を取り戻しつつあるようにも見えますが、「はらから福祉会」の事業所の中でも、一旦復旧した水道が、4月7日夜の大きな余震で再び、止まってしまい、ようやく昨日、再復旧したばかりの事業所(みお七ヶ浜)もあります。また、昨日は相当に冷え込んだ様子で、今、なお続く余震と合わせて、まだまだ不安な日々が続いています。

 それでも、一生懸命にがんばっている姿をこうして拝見すると、やはり、何が何でも30日のイベントを成功させなければならないという気持ちが更に強くなります。

 30日の「大物産展」に、どうぞ、お越しください。そして、被災地の仲間たちがつくったおいしい商品をたくさんお買い上げください。

(天野)

 

|

« 自分の力で立ち上がろうとする人を後押しするような支援が望まれる(カウントダウン情報8 あと11日) | トップページ | 「物流のプロ」の協力も得て、つながりを運ぶ。「がんばろう、ニッポン」「がんばるぞ!東北」の思いをリレーする。(カウントダウン情報10 あと9日) »

東日本大震災による被災障害者施設の復興支援」カテゴリの記事

コメント

毎日の発信お疲れ様です。
写真に続いて、ぜひ東北地方大物産展in町田への期待なども含めた利用者や職員のメッセージなんかは聞けないでしょうか?

投稿: | 2011年4月21日 (木) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/39683233

この記事へのトラックバック一覧です: 今、同じ空の下でがんばっている被災地の障害のある人たちの姿をお届けします。(カウントダウン情報9 あと10日):

« 自分の力で立ち上がろうとする人を後押しするような支援が望まれる(カウントダウン情報8 あと11日) | トップページ | 「物流のプロ」の協力も得て、つながりを運ぶ。「がんばろう、ニッポン」「がんばるぞ!東北」の思いをリレーする。(カウントダウン情報10 あと9日) »