« 「いつも他から何かをしてもらう福祉」ではなく、「地域に何かしら貢献できる福祉」をめざして | トップページ | 町田市が募集するパブリックコメントに意見を提出しましょう! »

カツとマツの「男気」満タンのマッチアップが待ち遠しい

 世間では、三連休の中日ですが、昨年からずっと引きずっている原稿書きの仕事に、昨日、今日の二日間を取られてしまいました。それでも、何とか完成したので、ようやく一息ついているところです。

 ゼルビアと同じく準加盟でJリーグ入りをめざすJFLの松本山雅FCに、前横浜F・マリノスの松田直樹選手入団の知らせが飛び込んできました。松本山雅のホームページによると、明日、東京で正式に入団記者会見が単独で開かれるということです。

 私がマリノスで一番好きだった選手が、実は、この松田選手です。高卒ルーキーとして、1995年にマリノスに入団。96年のアトランタ、2000年のシドニーではオリンピック代表。トルシエジャパンでベスト16に進出した2002年日韓ワールドカップでは、不動の代表メンバー。2003年、2004年のマリノスのJ1連続優勝の際の中心選手。時に熱くなりすぎてしまって、イエローをもらうことも多かったけれど、15年間「ミスターマリノス」として君臨して、サポーターの心を引きつけてやまなかった選手です。ゲームの中では「暴れん坊」でも、ゲームが終われば、サポーターを誰よりも大切にする選手でした。

 何年か前、あまり調子が良くなったマリノスが、久しぶりに勝利をおさめた三ッ沢のゲームの後、出待ちしていると、自分から私の方に駆け寄ってきて、興奮覚めやらない様子で「今日はやっと勝ちました。応援ありがとうございました」と、握手を求めてきてくれました。ゲームの余韻が残る少し汗ばんだ熱い手の印象が残っています。

 Matsu

 

 昨年末のマリノスの突然の「戦力外通告」には、多くのマリノスサポーターが憤りを感じました。松田選手だけではなく、河合選手や山瀬選手、坂田選手といったマリノスを支えてきた選手たちもほぼ同時に「戦力外通告」を受けたのですから、尚更です。

 その一方で、意気に感じる男だから、もしかして、去年の木島選手のように、「俺がJに連れて行ってやる」と、ゼルビアに入団してくれないかな?なんて微かな期待を抱いていたのですが、当たらずも遠からじといった感じでの、松本山雅への電撃入団が決まりました。マツのことだから、絶対に「俺が、山雅をJに連れていく!」と、もう固い決意を抱いているはずです。

 去年は、何とか2勝できた松本山雅ですが、今年はもうまったく油断できないチームに生まれ変わりそうです。昨年、ぶっちぎりのJFL優勝でJ加盟を果たした鳥取が、服部選手の加盟で一皮剥けた以上の効果があるのではないでしょうか? JFL屈指の熱い応援を繰り広げる松本サポーターの声援にマツが奮起しないわけがない。

 間違いなくJのクラブから声がかかっていたであろうはずなのに、ゼルビア残留を決意してくれた勝又選手と、松田選手との「男気」がぶつかりあうマッチアップが今から楽しみで仕方なくなってきました。(野津田のホームには、きっと、マツの雄姿を観に、マリノスサポーターも大挙してくるだろうから、ゼルビアも心してかからないと完全にホームジャックされてしまうかもしれません。)

 3月の開幕が本当に楽しみです。

(天野)

|

« 「いつも他から何かをしてもらう福祉」ではなく、「地域に何かしら貢献できる福祉」をめざして | トップページ | 町田市が募集するパブリックコメントに意見を提出しましょう! »

FORZA FC MACHIDA ZELVIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/38400858

この記事へのトラックバック一覧です: カツとマツの「男気」満タンのマッチアップが待ち遠しい:

« 「いつも他から何かをしてもらう福祉」ではなく、「地域に何かしら貢献できる福祉」をめざして | トップページ | 町田市が募集するパブリックコメントに意見を提出しましょう! »