« ゼルビア。敗戦もまた経験の積み上げ。だから、下を向くことはない。今度は、選手たちが、がんばりを見せてくれればいい。 | トップページ | キャプテンのシュートは、早くも「とりスタ」のゴールを狙っているにちがいない! »

木島選手の熱き想い、そして、「6573人の想い。」を更に大きく広げていこう!

 好天に恵まれたGWも今日で終了。

 5月2日に、ゼルビアと琉球の試合を観戦した以外は、全部、仕事で終わってしまいました。

 ずっと締切を延ばし、延ばしにしてきた、きょうされんの全国大会(埼玉大会)報告集の文化・趣味の分科会の報告もようやく仕上げることができました。

 2日間(実質は4時間半)の限られた時間の中で、初めて分科会の場所で出会った人が協力し合って、ひとつの作品(劇)をつくりだす試み。

 何度も、ビデオを見直しながら、原稿を書いていると、あのときの感動がよみがえってきました。分科会の様子をご覧になりたい方は、「らいむのホームページ」から、YouTubeの映像にリンクを貼ってありますので、ご覧になってください。

 あのときの感動がよみがえるといえば、ゼルビアのオフィシャルホームページのトップにある5月2日の琉球戦で、後半ロスタイムにゴールを決めたときの木島選手の写真が、とにかく、めちゃくちゃかっこいいです。

Photo100502

 

 「6573人の想い。」というコピーもいいですね。

 相手DFを振り切り、最後は倒れこむようにして、決めたゴール。倒れても、まだ、視線の先にはゴールを見据えている木島選手の熱すぎるくらいの闘志がひしひしと伝わってきます。この後、もちろん、木島選手は、ゴールに転がったボールを拾い上げ、次の1点を狙うべく、自らセンターサークルに運びました。その姿に感動したフアン・サポーターは、この次もきっとまた、野津田に足を運んでくれることでしょう。

 この写真、なぜかコピーができたので、私は早速、PCのデスクトップの背景にしました。次の流経戦まで、この日の悔しさと感動を忘れないために、そして、この写真を職場で多くの人に見てもらい、ゼルビアに関心を持っていただくために。

 選手もフロントもがんばっています。自分たちも簡単にできることから、ゼルビアを応援していければと思います。

(天野)

|

« ゼルビア。敗戦もまた経験の積み上げ。だから、下を向くことはない。今度は、選手たちが、がんばりを見せてくれればいい。 | トップページ | キャプテンのシュートは、早くも「とりスタ」のゴールを狙っているにちがいない! »

FORZA FC MACHIDA ZELVIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/34538371

この記事へのトラックバック一覧です: 木島選手の熱き想い、そして、「6573人の想い。」を更に大きく広げていこう!:

« ゼルビア。敗戦もまた経験の積み上げ。だから、下を向くことはない。今度は、選手たちが、がんばりを見せてくれればいい。 | トップページ | キャプテンのシュートは、早くも「とりスタ」のゴールを狙っているにちがいない! »