« グループホーム「みおん」の暮らし まずは何でも自分でやってみることが基本 | トップページ | ゼルビーの習性が変りました! ~アルプスから下りてきた、ちょっとやんちゃな「雷鳥」の頭をクチバシで突きます~ »

「雷鳥軍団」には負けない! 俺たちは「カワセミ軍団」だ!

 アウェーのブラウブリッツ秋田戦で、劇的な勝利を治め、5連勝でホーム野津田に帰ってくるFC町田ゼルビアの次のゲームは、4月25日の松本山雅戦。

 お天気の周期も平日に雨が降って、日曜日は晴れ続きで、今度の日曜日も、安心できそうな予報が出ています。

 昨年の天皇杯で、J1の浦和レッズを破り、一躍全国に躍り出た松本山雅。カタカナ標記のチーム名が多い中、漢字4文字のチーム名も異彩を放っています。

 レッズを破ったチームということで、鳴り物入りでJFLに今季から参入しましたが、これまでのところ1勝3敗2分で16位と大きく出遅れています。昨年のゼルビア同様に、初めて経験するJFLの壁にぶちあたっているといったところです。特に6試合で4得点と、得点力不足が深刻なようです。

 1-0で武蔵野に勝ち、スコアレスでSAGAWAと引き分けたかと思えば、前節は、ホームで栃木に逆転負けを喫してしまうといった具合で、好不調の波が大きいのか、戦い方に迷いがあるのか、ちょっとつかみどころのないチームです。

 松本山雅がもうひとつ注目を浴びているのが、収容2万人、オーロラビジョン、独立シート完備というJ1仕様の立派なアルウィン(「アルプス」+「ウィンド」)をホームスタジアムにしていることと、熱狂的なサポーター(雷鳥軍団)がいることです。

 今度のゼルビア戦には、この「雷鳥軍団」が大挙して、野津田に乗り込んできて、スタジアムを「ジャックする」なんて、噂!?が巷(ちまた)で飛び交っています。

 確かにユーチューブなどで観ると、しっかりと統率の取れたサポーター集団です。でも、Jリーグのスタジアムで試合を観なれた人からすれば、人数の違いこそあれ(もちろん、Jのチームの方がずっと大人数です)、あれが普通です。

 2004年のJリーグチャンピオンシップ(当時は、前後期それぞれの優勝チームがチャンピオンシップで年間王者を争う2シーズン制でした)の横浜Fマリノス対浦和レッズの試合には、横浜国際(ニッサンスタジアム)に、なんと 64,899人の観客が詰め掛けました。(Jリーグの最高記録のはずです。なんと、このゲーム1試合だけの観客数で、ゼルビアのJ昇格が決まって、お釣りがくる人数です)

 ホームの横浜を上回るサポーターが詰め掛けた浦和の大応援団のスタジアムを揺さぶるような「We are REDS!」の大声援には、敵ながら、武者震いするような感動を覚えました。結果は、その2年前に浦和を解雇された河合選手のCKからのヘディングシュートが決まって、1対0で横浜の勝利! まさにドラマがドラマを呼ぶ最高のゲームでした。

 マリノスのサポーターは、Jリーグの中でも、結構、おとなしいほうなので、この浦和戦に限らず、コアなサポーターを除くと、あまり、声を上げたり、チャントを叫んで、応援することがありません。三ツ沢でやる時などは、キャパが小さいこともあって、少し遅れていくと、相手チームの応援団のすぐ側のバックスタンド席での観戦になってしまいます。

 当然、相手チームの熱心なサポーターの応援が、ガンガン鼓膜を揺さぶり続けますが、目はしっかりとマリノスの選手たちの動きを追っています。そして、選手が良いプレーをする度、拍手を送ります。ゴールが決まったときには、はるか遠いホームゴール裏のコアサポーターと心をひとつにして、歓喜の声と拍手を選手に送ります。

 次の試合、本当に、松本山雅の「雷鳥軍団」の方が、大挙して、野津田に乗り込んできてくれたら、とても嬉しく思います。

 クルバに応援をまかせきりのフロントの人たちも、ようやく重い腰を上げたようです。クルバにいつもの位置から、メインスタンド側ゴール裏に移動してもらって、「集中応援エリア」を設けたこと、今、覗いてみたら、ホームページのトップにゲームの告知があることなど、今度の試合に賭ける意気込みが伝わってきます。

 FC町田ゼルビアが真の市民チームになる道は、一朝一夕にはできあがりません。こうした地道な一歩一歩が本当に大切だと思います。

 なんだか、とても盛り上がってきています。頑張っている選手たちに負けないよう、明日からまたたくさんの人に声をかけて、野津田を青く染めたいと思います。

 俺たちは、最後に笑う「カワセミ軍団」です。

 25日、野津田にいらっしゃる方は、ぜひ、青い衣服を身に着けてきてくださいね!

(天野)

 

 

|

« グループホーム「みおん」の暮らし まずは何でも自分でやってみることが基本 | トップページ | ゼルビーの習性が変りました! ~アルプスから下りてきた、ちょっとやんちゃな「雷鳥」の頭をクチバシで突きます~ »

FORZA FC MACHIDA ZELVIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/34316967

この記事へのトラックバック一覧です: 「雷鳥軍団」には負けない! 俺たちは「カワセミ軍団」だ!:

« グループホーム「みおん」の暮らし まずは何でも自分でやってみることが基本 | トップページ | ゼルビーの習性が変りました! ~アルプスから下りてきた、ちょっとやんちゃな「雷鳥」の頭をクチバシで突きます~ »