« 就労継続支援事業A型(雇用有)の利用者がキャリアップのために委託訓練を受講できないことに矛盾を感じてしまう | トップページ | 兄貴の貫禄を示せ! 松本山雅戦 »

野津田に1万人のサポーター。一度は観てみたいと思いませんか?

 4月25日の松本山雅戦、5月2日の琉球戦、そして更にその先にあるJリーグ入りに向けて、フロントも本腰を入れ始めたようです。

 オフィシャルホームページに掲載された「ホームゲーム4戦目を迎えるにあたって」の告知は、ゼルビアのめざすべき方向性をサポーターのみならず、町田市民全体に向けて発信されたものとして受けとめ、拍手を送りたいと思います。

 今まで理解できなかった「国の補助金がなくなったのに、どうして、ゼルビアが自腹でバスを走らせなければならないのか?」「なぜ、たとえ100円、200円でも運賃を取らないのか?」といった疑問や、インターネットのサイトで噂になりかけていた「年間チケットの半券があれば、何回でもタダ見ができてしまう」ということ(1戦目で気づいていましたが、さすがにブログには書けなかった…)への対策、公園を訪れる一般市民、お年寄りや幼児連れ、障害者などの交通弱者に配慮した「観戦にバスで来場する文化」の提唱など、まだまだ足りないことはあるにせよ、こうしてフロントが、改善策を打ち出し、理解と協力を広く呼びかけていることは、これから先、ゼルビアがJリーグに昇格し、市民チームとして、育っていくためには、不可欠な姿勢であると思います。

 チームが絶好調であるがゆえに、些細な不満や批判の矛先がどうしてもフロントに向いてしまいがちですが、チーム同様、フロントも様々な試行錯誤を重ねながら、本当にがんばっていると思います。実際、この間、フロントの方に、駐車場の確保やバスのこと、年間チケットの悪用対策など様々なことへの対応をメールや直接お会いしたときにお話しするかたちで、お伝えしてきましたが、いつもそれらを真摯に受けとめてくださり、できる限りの対応をしてくださっています。だから、次は、自分たちサポーターが、大同小異の気持ちで、力を合わせて、チーム。フロントを支えていく番だと思います。

 25日の松本山雅戦。是が非でもホーム開幕戦を上回る5千人を超す観客を集めましょう。多分、開幕戦のときの対戦相手のびわこのサポーターは50人にも満たない数だったと思います。今度の対戦相手の松本はJFLでも屈指の熱心なサポーター軍団を要するチームですから、びわこの何倍ものサポーターが、野津田にやってきてくれるはずです。だから、単純に開幕戦と同じ数のゼルビアサポーターが集結すれば、軽く5千人を超えるはずです。もし、開幕戦を観た人が、もう1人友達を誘ってくれば、計算上は1万人ということになります。「野津田に1万人のサポーター」一度は観てみたいと思いませんか?

 きっと、その光景を目の当たりにすれば、ホームゲームを毎回観戦してくださっているという市長さんも、「これは、町田市としても、もっとゼルビアを応援してあげなければならない!」と感じてくださるかもしれません。そうすれば、現状クラブハウスも専用練習場も持たないゼルビアに対して、何らかの対応を考えていただくきっかけになるかもしれません。

 どこの地方自治体も厳しい財政事情を抱えている中で、「1クラブチームにお金をかけることなどもってのほか」と考える方もいらっしゃると思います。でも、「サッカーにかけたお金は、サッカーで回収すればいいんじゃないか」と思います。

 本当の意味で市民球団と呼べるプロのチームは、サッカーだと清水エスパルス、野球だと広島カープくらいしかないのが、日本のスポーツ界の現状です。FC町田ゼルビアがそうした現状を打破して、日本のバルサと呼ばれるようなチームにしていく、それくらい大きな目標を打ち出してみてもいいのではないかと思います。

 今度の松本戦は、そんな大それた目標に一歩でも近づくための「試金石」になる大事な一戦だと思います。

(天野)

|

« 就労継続支援事業A型(雇用有)の利用者がキャリアップのために委託訓練を受講できないことに矛盾を感じてしまう | トップページ | 兄貴の貫禄を示せ! 松本山雅戦 »

FORZA FC MACHIDA ZELVIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/34341542

この記事へのトラックバック一覧です: 野津田に1万人のサポーター。一度は観てみたいと思いませんか?:

« 就労継続支援事業A型(雇用有)の利用者がキャリアップのために委託訓練を受講できないことに矛盾を感じてしまう | トップページ | 兄貴の貫禄を示せ! 松本山雅戦 »