« 今年6月1日現在の実雇用率は1.63%。特例子会社の10年後を見据えた企業と福祉的就労の場の連携を考えていきたい | トップページ | 「自立支援法」の廃止に伴い、今後の障害者施策はどのようになるのか? また、「新体系への移行」はどのように考えていけば良いのか? »

ゼルビア、いよいよ最終戦。修行選手に「視力はいくつ?」と訊ねたら、「24」なんて、まさか、ぼけてはくれないか!?

 FC町田ゼルビアのJFL元年もいよいよ29日のニューウエイブ北九州戦で終了。

 前節で今季4位以内を確定し、来季からはギラヴァンツ北九州として、J2に参戦する相手チームを倒して、ぜひとも有終の美を飾りたい。

 「ギラヴァンツ」とは、なんともインパクトのある名称だが、イタリア語で「ひまわり」を表す「Girasole」と「前進する」という意味の「Avanzare」を組み合わせた造語だということで、「ゼルビア」と同じ系統だ。(「Z」で始まる「ゼルビア」という名称も、考えてみれば、相当にインパクトが強い)

 現在6位のゼルビアだが、最終順位4位以内は、さすがにちょっと厳しい。現在、4位の仙台との勝ち点差は3で、もし、仙台が負ければ、勝ち点では追いつくが、得失点差で8点リードされているので、少なくとも6~7点差での勝利が必要。

 5位の鳥取とは勝ち点では並んでいるが、共に勝利した場合、得失点差では18点も離されているので、20対0くらいのスコアで勝たなければ、逆転できない。

 そこで、まず目標は後期の1位。こちらの方は、2位の仙台との勝ち点差が2あるので、勝てば文句なし。仙台が勝ち、ゼルビアが引き分けた場合は、仙台が1点差勝利の場合は、同点になるが、2点差勝利以上の場合は、逆転されてしまう。だから、絶対に勝利!

 完封勝利を収めれば、もうひとつ手に入れることができる「勲章」がある。それが今季通算で、最小失点(=最強デイフェンス)チームという「勲章」。

 今季JFLのこれまでの33試合で、1試合1点以下の失点(つまり通算で33点以下)に抑えているチームは、30失点の北九州と仙台、そして、29失点のゼルビアのわずか3チーム。ここは、ぜひとも修行選手を中心にがんばってもらって、失点20点台を死守したい。

 上位チームは、さすがに失点も少なく、優勝した佐川急便が36失点。現在2位の武蔵野が33失点、5位の鳥取が36失点となっている。

 失点の少なさは、GKのがんばりだけでは、もちろんないが、多分、鳥取のサポーターの人たちは、修行選手が移籍したことを悔しがっているのではないだろうか? もし、29失点という数字であれば、今頃は、悠々J昇格を決めていたであろうから…。

 7月19日の、魂と涙の鳥取戦をはじめ、修行選手の熱いプレイは、観る者をいつも感動させてくれる。「良、良、もっと右や」等、酒井キャプテンをも呼び捨てにする大阪弁のコーチングが実に頼もしい。試合終了後は、鬼の形相から一転して、少し照れ屋の青年に戻る。やさしい笑顔が子供たちをひきつけて、離さない。

 ファインセーブを連発する守備のうまさはいうまでもないが、修行選手の凄さは、フィードの正確さにある。低く速い弾道で、的確に味方の足元にボールを送るキックは、Jでも十分に通用するはずだ。(マリノスのゲームを観戦する度に、敵味方通じて、GKのキックを観察するが、修行選手レベルのキックが蹴れるGKはそうそういない) あの距離感をつかめるのだから、視力が相当にいいのだろう。今度、機会があれば、「視力はいくつ?」と聞いてみたい。まさか、「24(しりょく=4×6)」なんて、ぼけてはくれないだろうけど(自分も「関西人」)

 「もしかすると、Jのチームに引き抜かれてしまうかも」と心配していたが、前節のゲーム後に配られたゼルビアの2010年ポスターに、酒井選手、石堂選手と並んで、中心に修行選手の姿があったので、少し、安心した。

 まだ、気が早いかもしれないが、JFL元年のゼルビアの今季MVPを選ぶとしたら、自分としては、間違いなく修行選手を選ぶだろう。(次点は、酒井キャプテン)

 北九州戦でも、魂のこもった熱いプレイを見せてほしい!

 無失点で抑えれば、JFLベストイレブンも見えてくるはずだ!

(天野)

 

 

|

« 今年6月1日現在の実雇用率は1.63%。特例子会社の10年後を見据えた企業と福祉的就労の場の連携を考えていきたい | トップページ | 「自立支援法」の廃止に伴い、今後の障害者施策はどのようになるのか? また、「新体系への移行」はどのように考えていけば良いのか? »

FORZA FC MACHIDA ZELVIA」カテゴリの記事

コメント

はじめてコメントさせていただきます。m(_ _)m
修行選手のあの低い弾道のキック、「パントキック」と言うらしいですね。
まるでイチロー選手のレザービームのようです。
また仰る通りキックだけでなくコーチングも素晴らしいと思います。
私も修行選手が来年のポスターに載っていてホッとしたくちです。(^^;

投稿: モバイル営業マン | 2009年11月27日 (金) 10時56分

モバイル営業マンさん、コメントをいただき、ありがとうございます。
モバイル営業マンさんのブログの方も、いつも拝見させていただいています。

パントキックというと、どうもラグビーの
高く蹴り上げるようなイメージがあったので、
フィードと表現してしまいましたが、
地面に落とさないで蹴るあの蹴り方は
確かにパントキックですよね!
サッカーはなかなか奥が深いです。

自分は、ピンチを迎えたときに、あの
「しゅ~ぎょう~、しゅ~ぎょう~」っていう
コールが大好きです。
7月4日の佐川印刷戦のときは、
修行選手の気迫+サポーターのコールで、
相手選手のPKを阻止しましたもんね。

心残りは、「娘」が注文していた30番のユニが
手違いで、最終戦までに届かなかったこと。
だから、来季も修行選手に残ってもらわないと、とっても困るのです(笑)

でも、ゼルビアのGKユニはセカンドユニの赤の方がいいですね!

投稿: 天野 | 2009年11月27日 (金) 12時43分

>モバイル営業マンさんのブログの方も、いつも拝見させていただいています。
恐縮します。(^^;

娘さんのユニフォームの件残念でした。
私はまだ昨年のユフォームしか持っていませんが昨年11番で発注したとき手元に届くまで1ヶ月以上かっかった記憶があります。
何やら背番号を貼付けるのにかなり時間を要するようです。

ところで修行選手が選手を呼び捨てで呼ぶ件ですがご存知かと思いますがこれは選手全員が行っていますね。
昔、中田英寿選手が「試合中合理的に相手を呼べるように呼び捨てにしている。」と言うのを聞いた事があります。
いちいち先輩に“さん”付けでは判断が遅れるとい観点からだそうです。
ちなみにブルーノは鈴木の「スズ」ではなく「ブル」と呼ばれているようです。(^^

投稿: モバイル営業マン | 2009年11月27日 (金) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/32381883

この記事へのトラックバック一覧です: ゼルビア、いよいよ最終戦。修行選手に「視力はいくつ?」と訊ねたら、「24」なんて、まさか、ぼけてはくれないか!?:

« 今年6月1日現在の実雇用率は1.63%。特例子会社の10年後を見据えた企業と福祉的就労の場の連携を考えていきたい | トップページ | 「自立支援法」の廃止に伴い、今後の障害者施策はどのようになるのか? また、「新体系への移行」はどのように考えていけば良いのか? »