« C市の特例子会社さんの「求める人材像」に共感。そして、「らいむ」の就労支援のスタンスは今後も変わりません | トップページ | 来る11月13日に、「社会福祉法人ウィズ町田 就労支援セミナー(第1回)」を開催します »

完敗の武蔵野戦。目標がハッキリした分、しっかりと次をめざせば良い!

 先週末の土曜日は、ゼルビアとマリノスのホームゲームを掛け持ち観戦。

 ゼルビアの方は、残念ながら、横河武蔵野を相手に完敗でした。多摩陸のピッチは、スタンドから見ても、コンディションの悪さは一目瞭然。グランダーのパスはことごとく、凸凹のピッチで変な回転がかかってしまって、思うように通らず、パスサッカーを身上とするゼルビアには、きつい展開。それでも、前回の対戦では、前半開始直後に2点を奪われたことを考えると、前半は互角の勝負に持ち込んで、後半勝負かと思ったのも束の間、前半終了間際の一番痛い時間に、相手クロスから綺麗にヘディングシュートを決められてしまいました。GKは唯一手を使えるプレーヤーですが、とはいえ、足元の悪さはとても気になるものです。(昔、草サッカーで少しGKもやっていたのでわかります) 多分、DFの動きが目に入ったこともあるでしょうが、ほんの一瞬、躊躇してしまったせいか、いつもの修行選手の思い切りの良い飛び出しであれば、阻止できたであろう相手の先取点でした。

 後半、ピッチの悪さに順応し、とにかく、セカンドボールへの詰めの速さに徹した武蔵野と対照的に、攻めあぐねるゼルビア。後半開始10分過ぎの、絶対に追加点を与えてはいけない時間帯にCKからの失点。ヘディングシュートを決めた武蔵野の桜井選手は、偶然、帰りの永山行きのシャトルバスで乗り合わせることになりましたが、165センチの小柄な選手。「チームとしてやるべきことが統一されていた武蔵野」と、「どこか意思疎通を欠き、統一感に欠けていたゼルビア」との差がでた決定的な瞬間でした。

 後半終了直後に御給選手のヘッドが決まって、ゼルビアがようやく得点。ずっと試合に出られなかったにもかかわらず、腐ることなく、しっかりと最後までボールをキープして御給選手につなげたブルーノ選手を褒めてあげたいと思います。ゴールが決まっても、喜びを表すこともなく、センターサークルにボールを運んだゼルビアの選手たち。でも、いかんせん、残り時間が少なすぎて、無情のホイッスル。

 ピッチの悪さは、決して言い訳にならない。今日は、見事なまでの完敗! セカンドボールを絶対にものにする玉際の強さ、走力、気力、プレイの美しさ、すべてにおいて、武蔵野に負けていた。Jに向けて、「越えなければならない壁の高さ」を痛感させられました。

 でも、決してうつむくことはない。目標がハッキリした分、しっかりと次をめざせばいい!いつもはクールに見える津田選手が最後まで、大声を張り上げていた。途中出場の雑賀選手、大江選手、ブルーノ選手が自分の使命を果たそうと最後まで全力を尽くして走り抜いた、クルバの前に挨拶に来た酒井選手が唇をかみしめて、悔しさを身体全体で表現していた。中途半端な「勝ち」よりも、自分たちの力不足が露呈した「負け」の方がずっと良いとスカッと割り切って、後半終了間際の5分間のプレイを90分間貫きとおすことができれば、武蔵野の高い壁もきっと越えることができるはずです。

 悔しさを引きずって、訪れた日産スタジアム。

 ゼルビアの選手というよりも、フロントの人たちにぜひ、見てほしかった。ゲーム開始前のイベントに、「新横浜パフォーマンス2009」と連動して、1000名を超える「よさこい大演舞」がピッチに登場して、マリノスの応援を繰り広げました。

 多摩陸のゼルビアのゲームに観戦にきた人全部が、ピッチで踊りながら、マリノスの応援をしている様子、(当然、客席には2万人の観衆がいる中で)、ちょっと想像してみてくだださい。もちろん、サッカーの試合で良いプレイを見せることは大前提ですが、選手たちをやる気にさせるために最善を尽くすのがフロントの大切な仕事。そう考えれると、「鳴り物禁止」の多摩陸開催は、選手同様、サポーター(クルバ)にもアウェー以上にしんどい環境でした。

 ゲームの方も、後半ロスタイムに、狩野選手の強烈ミドルが決まって、マリノスの逆転勝ちと、サポーターには最高のゲームでした。(しかも、直前には、名古屋のピクシー監督の革靴40メートルゴール+退席処分という超ビッグなおまけつき!) 

 

 サポーターが心から感動できるゲームを、何度もスタジアムに足を運んでみたいと思えるゲームを、ゼルビアがめざすべき方向性は、難しく考えるものではなく、ごくシンプルなもので良いと思います。

 FC町田ゼルビアが、武蔵野をそして、いつかマリノスを倒してくれる日がくることを待っています。

(天野)

|

« C市の特例子会社さんの「求める人材像」に共感。そして、「らいむ」の就労支援のスタンスは今後も変わりません | トップページ | 来る11月13日に、「社会福祉法人ウィズ町田 就労支援セミナー(第1回)」を開催します »

FORZA FC MACHIDA ZELVIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/31853163

この記事へのトラックバック一覧です: 完敗の武蔵野戦。目標がハッキリした分、しっかりと次をめざせば良い!:

« C市の特例子会社さんの「求める人材像」に共感。そして、「らいむ」の就労支援のスタンスは今後も変わりません | トップページ | 来る11月13日に、「社会福祉法人ウィズ町田 就労支援セミナー(第1回)」を開催します »