« 有効求人倍率が過去最低を更新。しかし、ピンチな時こそ、チャンスだと考える積極性が必要 | トップページ | ゼルビアの一番の魅力は、選手とサポーターとの距離の近さ。選手たちに会いに8月16日はぜひ、野津田に足をお運びください »

「弱気の虫」を払拭して、次回の長崎戦は高い目標と課題を掲げて臨もう。「ゼルビー君」お目見えの次回ホーム戦こそは、ゼルビアブルーに野津田を染めよう!

 MIOびわこ草津戦は、1対1のドロー。

 ゼルビアにとっては、負けに等しい引き分け。

 前半から、6割以上のボールポゼッションでゼルビアの攻勢。

 CKのチャンスが連続するが、もうひとつ工夫が足りない。折角、動き回れる飯塚選手が入っているし、雨でスリッピーなピッチなのだから、ショートコーナーからグランダーのミドルシュートなどを試みても良いと思うのだが、淡々とゴール前に放り込んでいる感じで、ゴールの予感があまりしない。

 結果から言えば、CKやFKからのセットプレーで、もう1点でも得点していれば、楽に勝てた試合。

 後半、開始10分ちょっとで、蒲原選手のクロスを受けた山腰選手のゴールが決まって、ゼルビア待望の先取点。得点を決めた山腰選手も良かったが、今日は蒲原選手が相当に前線でがんばっていた。しかし、蒲原選手をフォローする選手がいない。やっぱり、酒井選手、柳崎選手のふたり揃っての出場停止は痛すぎた。

 後半、残り5分を切ったところで、密集の中から相手チームに同点ゴールを決められ、ロスタイムの時間に、後、数10センチパスがうまくつながれば、勝ち越しというチャンスもあったが、敢えなく、タイムアップの笛。

 チームの主柱である酒井選手、ダイナモ(エンジン)の柳崎選手の欠場がやっぱり大きく影響して、ついつい「弱気の虫」が顔を出してしまったかな?というのが正直なところ。象徴的なシーンが残り10分あたりのCKから、コーナーフラッグのあたりでキープを試みようとした場面。気持ちは分からなくもないが、残り10分をキープで逃げ切るのは、至難の業。Jリーグでもそれをやりきるのには、鹿島くらいの力量が必要。

 ゼルビアの得意とするのは、パスをつないでの攻撃サッカーのはず。1対0で勝っているあの場面では、やはり、追加点を狙ってほしかった。トリッキーな動きが身上の飯塚選手であれば、ショートコーナーを受け、自分で切り込んで、最後はシュートで終わってほしかったところ。とは言え、飯塚選手個人を責めても仕方のないことで、ここは、「もう1点取りにいくぞ!」というベンチの明確な指示がほしかった。そういう意味では、ベンチの中にも「弱気の虫」の風が吹いていたのかもしれない。

 でも、もう気持ちを切り替えるしかない。今日だって、修行選手のファインプレーで救われたが、カウンター狙いの相手にもう1点決められていたかもしれない。前半は「おっ、今日の審判は普通にうまい」と思っていた主審の笛に、先取点後は若干、泣かされてしまったところもある。とは言え、相変わらず不必要なイエローをもらい過ぎなところも反省点。でも、次節にきっちりと落とし前をつければいい。

 8月9日の長崎戦は、長崎にとっては是が非でも負けられない特別な日のホームでの戦いになる。モチベーションの高さで長崎を上回るためには、ゼルビアにとってもヨリ高い目標と課題を設定することが必至である。

 DF陣は、長崎を相手に、失点ゼロで完封すること。攻撃陣は、HONDA戦を上回る4得点を挙げること。それくらいの心意気で試合に臨んでほしい。

 雨天で観客動員が伸び悩んだ今日のゲーム。華々しく打ち上げた「7.19倍増計画」に続く、次の戦略がやや曖昧になってしまったフロント陣にも、今ひとつの底上げを期待したい。「8・16」にはゼルビアのマスコット、「ゼルビー君」もお目見えするという。次回こそは、5千名の観客で、野津田をゼルビアブルーに染めるために、サポーターの自分たちも精一杯がんばりたい。

(天野) 

 

|

« 有効求人倍率が過去最低を更新。しかし、ピンチな時こそ、チャンスだと考える積極性が必要 | トップページ | ゼルビアの一番の魅力は、選手とサポーターとの距離の近さ。選手たちに会いに8月16日はぜひ、野津田に足をお運びください »

FORZA FC MACHIDA ZELVIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/30803062

この記事へのトラックバック一覧です: 「弱気の虫」を払拭して、次回の長崎戦は高い目標と課題を掲げて臨もう。「ゼルビー君」お目見えの次回ホーム戦こそは、ゼルビアブルーに野津田を染めよう!:

« 有効求人倍率が過去最低を更新。しかし、ピンチな時こそ、チャンスだと考える積極性が必要 | トップページ | ゼルビアの一番の魅力は、選手とサポーターとの距離の近さ。選手たちに会いに8月16日はぜひ、野津田に足をお運びください »