« 離職した障害のある人が、失業等給付の受給期間中に就労移行支援事業所等を利用するにあたっての統一見解がほしい | トップページ | ここからは得失点差も意識した戦いになる。ゼルビーくんには、マリノスくん超えの熱いパフォーマンスを期待! »

ゼルビア! 今年こそ、天皇杯出場の目標も忘れてはならないぞ!

 アウェーのV.ファーレン長崎戦は、残念ながらスコアレスドロー。

 長崎には行けないので、同時刻にJ:COMで、MIOびわこ草津戦を観ながら、オフィシャルの速報を気にしていたのが、「ん~、どうせなら、勝利したガイナーレ戦を観ればよかった」と悔やんでいます。

 暑い中、死力を尽くしてがんばった両チームの選手の皆さん、お疲れ様でした。

 JFLの公式記録を見ると、「ゼルビアの方がほんの少しだけ、優勢だったのかな?」と思う。

 シュート数は、ゼルビア12に対して、長崎9

 CK数は、ゼルビア8に対して、長崎3

 直接FK数は、ゼルビア12、長崎12で同じ

 オフサイドがゼルビア0、長崎3

 第5節の、MIOびわこ草津戦のときも、12本あったCKのチャンスを活かせなかったのが痛かったけど、暑い夏、省エネで得点できるCKからの得点をどれだけ増やせるかが、今後の鍵のひとつになりそうな気がします。

 オフィシャルの戸塚監督の談話にもある通り、次節のホーム三菱水島FC戦が終わると、天皇杯予選のため、JFLもしばしの中断期間。

 もちろん、ホーム水島戦は絶対勝利して、天皇杯出場に向けても弾みをつけたい。

 前期終了時点で4位までに入っていれば、すでに天皇杯出場切符は手に入っていたのだが、JFL枠で出場よりも、学生代表にリベンジを果たして、東京都代表として、出場する方がゼルビアにとっても良いと思う。

 昨年、一昨年と、東京都代表を決める「東京都サッカートーナメント」で、学生代表に敗れたゼルビア。

 一昨年は、現在、FC東京で、日本代表でも活躍している長友選手にやられて、決勝で明治大学に敗れた。天皇杯に出場した明治大学は、3回戦で、当時、J2(現在J1)の京都サンガを下し、4回戦でJ1の清水エスパルスと対戦。3対3の同点でPK戦に突入したが、惜敗している。

 昨年は、準決勝、開始わずか1分で不運な失点。その後、攻めまくるも得点できずに、国士舘大学に敗れた。天皇杯に出場した国士舘は、3回戦でJ2の徳島ヴォルティスを破り、4回戦ではJ1鹿島アントラーズと対戦。2対2の同点でPK戦に突入し、最後は力尽きてしまったが、王者アントラーズを「あわや!」というところまで追い詰めた善戦は記憶に新しい。(ゼルビアの20番半田選手、25番斉藤選手はそのときのメンバー)

 今年こそは、天皇杯出場! 過去にゼルビアを破って出場した学生チームのがんばりを見ても、出場さえすれば、4回戦くらいまでは行けそうな期待も膨らむ。

 東京代表の1回戦は、9月20日に盛岡で岩手県代表と、

 2回戦は、10月10日に現在J2、2位で来年度J1昇格が濃厚な湘南ベルマーレと平塚で

 3回戦は、多分、勝ち上がってくるJ1モンテディオ山形と10月31日に山形で、ここを突破すると、4回戦は、これも多分、勝ち上がってくるJ1アルビレックス新潟と11月15日に同じく山形で、もしも、その後、2回勝てば、夢の元旦、国立競技場!!!

 J2昇格+天皇杯制覇!  夢は、でっかければでっかいほどいい!

 夢を見させてくれるゼルビアに感謝!

 まずは、8月16日の勝利をめざして、自分たちサポーターにできることは、野津田に足を運び、ゼルビアを応援すること。

 JFLは中断しますが、ゼルビアサポーターの方は、東京都サッカートーナメントの準決勝・決勝が開催される8月22日(土)、29日(土)の予定も今から組んでおいてくださいね!(場所は、西が丘サッカー場です)

(天野)

 

 

|

« 離職した障害のある人が、失業等給付の受給期間中に就労移行支援事業所等を利用するにあたっての統一見解がほしい | トップページ | ここからは得失点差も意識した戦いになる。ゼルビーくんには、マリノスくん超えの熱いパフォーマンスを期待! »

FORZA FC MACHIDA ZELVIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/30906974

この記事へのトラックバック一覧です: ゼルビア! 今年こそ、天皇杯出場の目標も忘れてはならないぞ!:

« 離職した障害のある人が、失業等給付の受給期間中に就労移行支援事業所等を利用するにあたっての統一見解がほしい | トップページ | ここからは得失点差も意識した戦いになる。ゼルビーくんには、マリノスくん超えの熱いパフォーマンスを期待! »