« 「自分の可能性を拓くことに期限や制限を設けないこと」が「らいむ」のスタンスです | トップページ | 就労移行支援事業所等の「施設外支援」をめぐる問題について »

ゼルビア、酒井良のキャプテンシーに次節も期待!

 バカみたいに今日3度目のブログ更新。

 昨日の流通経済大学戦vsゼルビア戦では、ちょっとしたトラブルがあったようだが、その件に対して、自身のブログで潔く意見表明したゼルビアの酒井キャプテンの心意気に感銘を受けた。

 サッカーの試合は、基本的には相手チームや相手選手へのリスペクトがあって、初めて成立する。しかし、相手選手が、もしリスペクトに値しない行為を犯したときには、勇気を持って抗議するのは当たり前。ましてや、レフリーに対して、チームを代表して不服を申し立てる権利を唯一有しているキャプテンにあっては、「絶対に退いてはいけない場面」も少なからず、訪れる。でも、ゲームが終わったときには、すべてを水に流して、お互いの健闘を精一杯称えあう。

 この流経戦をナマで見られなかったことを本当に残念に思う。前回の佐川印刷戦でも酒井選手のアピールに対する批判があったが、ゼルビアのために、これだけ熱い気持ちで、いつもいつも限界まで走り続けてくれる漢(おとこ)は、酒井選手を置いては他にはいないと思う。

 ピッチで受けた批判は、ピッチで返してやればいい。次節の鳥取戦。酒井選手の爆発に期待したい。酒井良こそ、かけがえのない、オレらのキャプテン!

(天野)

|

« 「自分の可能性を拓くことに期限や制限を設けないこと」が「らいむ」のスタンスです | トップページ | 就労移行支援事業所等の「施設外支援」をめぐる問題について »

FORZA FC MACHIDA ZELVIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/30533068

この記事へのトラックバック一覧です: ゼルビア、酒井良のキャプテンシーに次節も期待!:

« 「自分の可能性を拓くことに期限や制限を設けないこと」が「らいむ」のスタンスです | トップページ | 就労移行支援事業所等の「施設外支援」をめぐる問題について »