« 絶対に届かないと分かっていても、ライン際のボールをスライデイングで追いかける。そんなあきらめない強い気持ちが勝利したアウェーのホンダ戦 | トップページ | 就労支援には長い時間と信頼関係が必要。新たなチャレンジにとりくむOさんを応援してあげてください »

験をかついで、8月2日の対MIOびわこ草津戦のデータ分析。「酒井キャプテン、ヤナギの代わりはオレだ!」と石堂選手に燃えてほしい!

 本業の就労支援関係の記事を書かないと、そろそろ周囲から激しいブーイングの声が聞こえてきそうですが、ゼルビアの5連勝を祈って、今回だけは5連続のゼルビアネタでいくことにしました。(お許しを!)

 ホンダ戦を前に、ホンダの前期の敗戦はすべてホームの都田でのゲーム。前期ホンダが負けた4チームには、ゼルビアは2勝1敗1分と勝ち越していること。おまけに内2試合はアウエー戦というデータを挙げたところ、めでたく勝利できたので、調子に乗って、今回は、8月2日の対戦相手MIOびわこ草津戦に関して、ゼルビアに優位なデータのみ挙げてみることにしました。(どうか、獲らぬタヌキの皮算用になりませんように…)

 前期14節のソニー仙台戦から、後期2節のアルテ高崎戦まで、破竹の6連勝で順位を大きく上げたMIOびわこ。確かにこの6試合では、得点が16点、失点が3点と、勢いがとまらない状態だった。1試合平均にすると、2.67得点の0.5失点。

 対して、この間4連勝中のゼルビアの得点は9点、失点は1点。1試合平均にすると、2.25得点の0.25失点。

 単純比較できるように、失点を0.5点で揃えると、町田=4.5得点対MIO=2.67得点で、町田が圧倒的に優位に立つ。(でも、ここまではお遊びで、ここからが本番!)

①4連勝中で勢いに乗る町田に対して、MIOは6連勝の後、ここ2試合は1敗1分で、なおかち得点がゼロ。なおかつMIOはアウエー戦では、3勝2分5敗の負け越し。(この際、町田の「外弁慶ぶり」は無視)

②MIOの勝ちパターンは、先行逃げ切りで、これまで、先行されて逆転した試合は、6連勝最後のアルテ高崎戦のみ。(これも①のようにすでに勢いはとまっている)

③MIOが前期負けたのが、鳥取、佐川印刷、JEF、琉球、高崎の5チームとゼルビア。前記5チームに対するゼルビアの戦績は、1勝1敗3分と5分のホシ。ゼルビアの1敗は鳥取だが、この前に雪辱を果たしているし(これはMIOも同じ)、佐川印刷に至っては、前後期ともに勝っている。何よりも、前期の直接対決では、退場者を出し、後半30分以上10人で戦い抜いたゼルビアが勝利している。

 以上、①~③に加えて、7.19倍増計画でホントに倍増してしまった町田サポーターが、4連勝の勢いに乗って、更に増えて4千名を軽く突破して、5千名に届けば、相手チームにとっては脅威となること間違いなし! よって、町田の勝利!(と願いたい)

 勝つためには、まずは先制のゴールを! できれば、キックオフから10分以内の時間帯に、そうすれば、2点目、3点目と追加点を奪うことも夢ではない。山腰でも、蒲原でも、飯塚でもいい、誰かハットトリックを決めてくれ~!

 DF陣は、絶対に点を与えないこと。今季9得点の相手チームの若きエース、木下選手は、とにかく骨惜しみせずに走り回る選手のようだ。暑い季節、マンマークするのはキツイ。声をかけあい、マークの受け渡しをしっかりとすること。安部選手も6点を挙げている。上背がそれほどないので、日本代表の玉田選手のように、裏をねらうタイプなのかな?前季の直接対決でも3回のオフサイドトラップを町田が仕掛けている。GKのコーチングと両CBの統率が鍵を握るはず。声でも負けるな!

 中川選手の欠場は、ホンダ戦の雑賀選手のファイトを見せてもらったので、もう心配ないが、中盤の要、酒井選手と柳崎選手の欠場はやっぱり痛い! 山崎選手のFW起用で、蒲原選手が本来の1.5列目に下がるという布陣も面白いかなと思っていたのだが、山崎選手がテストマッチでケガという情報もあり、それも微妙。ここはひとつ石堂選手のがんばりに期待したい。それまで、とってもニヒルな印象だった石堂選手が、ホンダ戦で、ライン際のボールを追って、スライデイングで突っ込んできた姿には、鳥肌が立ちました。「酒井キャプテンとヤナギの代わりはオレがやってやる!」という強いキャプテンシーで、ゼルビアを引っ張っていってほしいと思います。相手の度肝を抜く、ドッカンミドルを決めてほしいと願っています。

 町田の攻撃のパターンは、両SBの積極的な上がりからのクロス攻撃。J1マリノスの試合をずっと観ていますが、正直、今のゼルビアの左SB津田選手のしなやかな動きは、マリノスの小宮山選手に勝るとも劣りません。チャンスがあれば、小宮山選手のように、ゴールをねらってください。右SB森川選手のガツガツ攻めあがる姿も、柔の津田、硬の森川と好対称で、観ていてワクワクします。雑賀選手同様に法政大学出身ということで、クラブはもちろん違いますが、後輩にあたるので、応援しているから、ガンバレ!

 この前の鳥取戦以来、なんだか、雰囲気を感じさせるのが、CKのときに、深津選手、森川選手らが中心になって長身選手が輪をつくり、作戦を練っている様子。CKからの得点パターンが定着すれば、正確な石堂選手のキックからのCKは相手チームにとっては、かなり脅威な武器になるはず。

 前回の酒井、柳崎各選手に代わる先発は、金選手と、飯塚選手あるいは大江選手かな? 金選手、大江選手は古巣相手の戦いになりますが、鳥取戦の修行選手に負けないくらいの熱い気持ちを見せてください。

 ということで、第5節も町田の勝利! 勝利の美酒に酔いたい方は、どうぞ、野津田に足をお運びください。

(町田)

|

« 絶対に届かないと分かっていても、ライン際のボールをスライデイングで追いかける。そんなあきらめない強い気持ちが勝利したアウェーのホンダ戦 | トップページ | 就労支援には長い時間と信頼関係が必要。新たなチャレンジにとりくむOさんを応援してあげてください »

FORZA FC MACHIDA ZELVIA」カテゴリの記事

コメント

「就労支援センターらいむ」は、「町田ゼルビア応援センターらいむ」にいつから変わったのでしょうか? 
という声が聞こえてこないように、ゼルビア応援ブログは、早く別立てにした方がよいのではないでしょうか。
センター長様がゼルビアの熱烈なファンであることはよく分かりますし、私もゼルビアが発展することを願っていますが、就労をめざしている障害者と保護者の方たちはゼルビアどころではないと思いますから。口はばったいことを言って申し訳ありませんが、らいむのために一言。

投稿: | 2009年7月28日 (火) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/30721779

この記事へのトラックバック一覧です: 験をかついで、8月2日の対MIOびわこ草津戦のデータ分析。「酒井キャプテン、ヤナギの代わりはオレだ!」と石堂選手に燃えてほしい!:

« 絶対に届かないと分かっていても、ライン際のボールをスライデイングで追いかける。そんなあきらめない強い気持ちが勝利したアウェーのホンダ戦 | トップページ | 就労支援には長い時間と信頼関係が必要。新たなチャレンジにとりくむOさんを応援してあげてください »