« 「工賃アップ」のためには、職員個々の目標や課題を明確にした意識的なとりくみが必要 | トップページ | 1年を2期に分けて、より効果的な支援が実施できるようにするため、第1期のらいむの新規利用登録者受付は、6月末で休止させていただく予定です。 »

6月28日は、マリノスのゲームと、ゼルビアのゲーム、果たしてどちらを観戦すべきか!?

 昨日は、横浜Fマリノスのホーム日産スタジアムで、浦和レッズ戦を観戦。この日は、時折、激しい雨が降る天候で、子供連れということもあったので、屋根のある2階席に陣取りました。いつものゴール裏とは、違って、ゲーム全体を俯瞰する位置なので、ボールを持っていない選手の動きもよく見えて、面白いのですが、いかんせん(見える)選手が小さい!

 この日のレッズ戦と次節のガンバ大阪戦は、横浜開港150周年記念の特別仕様のユニフォームを着用。青と白のボーダー(横縞)柄のユニフォームで、背番号が赤。この日から中村俊輔選手が復帰という話もあったので、多分、「俊輔復帰祝い」ということで、緑と白のボーダーのセルテイックのユニフォームを意識したんだろうな、なんて思ってしまいました。精悍なイメージで格好いいユニフォームですが、背番号が見えにくいことが欠点。2階席からは、まったく判別できませんでした。

 マリノスが青白のユニフォームなので、レッズの方は、ホームの赤を着用。照明で輝く雨に濡れた緑のピッチに両チームのユニフォームが映えて、まるで絵画の世界です。雨にもかかわらず、この日の観客は4万人を超えました。レッズのサポーターの応援のあの統一感は、いつもながら惚れ惚れとします。小さい子供なんかは見ていると、ついついレッズのサポーターの声に反応して、動いていたりします。相手の迫力に負けじと、マリノス・サポーターの応援もいつも以上に力が入ります。2階席もバックグランド側まで、チャンスのたびに大きな手拍子が沸き起こっていました。

 試合の方は、2対0で、マリノスの完勝。前半は、雨で滑るピッチに、ボールが足元に収まらず、また、闘莉王選手の強烈なダイビングヘッドをGK飯倉選手が間一髪弾きだすという危ない場面もあって、ややレッズに押されているような感じもありましたが、後半に入ると、なぜかレッズの選手の足がピタリととまってしまいました。

 後半14分に、連動した流れの中から、坂田選手のパスを受けた渡邉千真選手がきれいに流し込んで先制。6分後には、山瀬選手が豪快に蹴りこんで追加点。その後も、点を取りにきたレッズボールをカットしては、カウンター攻撃を仕掛けて、再三チャンスを迎えるといったマリノスファンとしては、最高のゲームでした。(もう、2~3点は取れていたといっては、レッズサポに申し訳ないか?)

 「俊輔ショック」もあったでしょうが、それも吹き飛ばす大きな勝利。ゴールを上げた後、サポーター席前に走り寄った山瀬選手の「俊輔が居なくても、オレが居るぞ」というアピールが印象的でした。「みんなプロのプライドを持って戦っている」というマツ(松田選手)の言葉がすべてを語っています。

 勝ち点3をゲットして、順位も8位まで上がってきました。若手主体のチームだけに、レッズに勝てたことは大きな自信になったにちがいありません。まだ1敗(対新潟戦)しかしていない首位をいく鹿島の背中は遠いけれど、このまま勢いに乗って、突っ走ってほしいものです。

 FC町田ゼルビアも、アウェーの秋田でTDKに勝利。3得点は今季初めてで、柳崎選手が2点、酒井キャプテンが1点とのこと。スコアレスドローとなったこの前のホームゲームのときも、柳崎選手の動きは精力的で、ゲーム後にサポーター席の前に来て、「がんばります」と力強く宣言していたので、見事、公約実行したことに拍手です。個人的には、酒井選手のゴールがホントに見たかった! (J:COMさんには、アウェーゲームこそ、ぜひ、放映してほしいと願っています)

 次節は、ホームで、首位をいくSAGAWA SHIGA FCとの対戦。ここで勝ち点を上げることができれば、首位との勝ち点差が10に縮まります。JFL4位以内をめざすためには、絶対に負けられない1戦。これまでホームで観戦していて思うのは、どこのチームとやっても最後まで走り負けない強さがゼルビアにはあります。これから暑い夏を迎えることを考えれば、このタフさは大きな武器になります。走って、走って、走り抜いて、勝利をつかんでほしいと思います。

 次の日曜日、6月28日は、マリノスのガンバ戦(14時~日産)と、ゼルビアの佐川戦(13時~野津田)が重なってしまいました。ゼルビアを前半だけ見て、日産に駆けつけても、間に合いません。(16時~日産だったら、大丈夫なのに…) さて、どちらの応援に行くべきか、今週末まで、延々と悩むことになりそうです。

(天野)

|

« 「工賃アップ」のためには、職員個々の目標や課題を明確にした意識的なとりくみが必要 | トップページ | 1年を2期に分けて、より効果的な支援が実施できるようにするため、第1期のらいむの新規利用登録者受付は、6月末で休止させていただく予定です。 »

FORZA FC MACHIDA ZELVIA」カテゴリの記事

コメント

好きなチームの試合が重なると大変ですね!!
それにしても浦和に勝利最高です。テレビで見ていましたが前半山瀬が決定的チャンスを萌にはばかれた時はなぜ決められないと思いましたが後半あのシュート!!山瀬らしいです。俊輔については来る過程でフォーメーションも作ってたのに残念ですね。どこもフロント陣に壊されます。
首位鹿島は強いですね。1試合少ないのに。残念ながら安定したチームになっていますあそこは。ベンチもスタメンはれる選手ばっかりで。3連覇しちゃうのかな?
打倒鹿島でがんばってください

長々コメントすみません。サッカーの話になるとつい熱くなってしまって。。。

投稿: | 2009年6月22日 (月) 13時32分

コメントをいただき、ありがとうございます。
サッカーの話になると、熱くなってしまうのは私も同じです。
「俊輔復帰」を念頭に、今シーズン3バックから4バックにシステム変更を図ってきたことまで、ご承知とはかなりのサッカー通ですね!
これからも、よろしくお願いします。

投稿: 天野 | 2009年6月22日 (月) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/30223141

この記事へのトラックバック一覧です: 6月28日は、マリノスのゲームと、ゼルビアのゲーム、果たしてどちらを観戦すべきか!?:

« 「工賃アップ」のためには、職員個々の目標や課題を明確にした意識的なとりくみが必要 | トップページ | 1年を2期に分けて、より効果的な支援が実施できるようにするため、第1期のらいむの新規利用登録者受付は、6月末で休止させていただく予定です。 »