« 資本金で100倍以上のゼルビアとしては、長崎に負けるわけにはいかない! | トップページ | 新しいネットワークが生まれることへの期待に胸が高鳴る »

ゼルビア全選手は、酒井主将を手本に、残り10分、5分を走りきるファイトを!

 JFLの試合はやっぱりキツイ!

 午後1時。気温30度を超えるピッチで過酷なゲームがキックオフ。

 キックオフから僅か5分で、エース山腰選手が負傷退場。

 大江選手が代わってピッチに立つ。

 アップの時間すら十分になかったはずなのに、すぐに結果を出す。

 左からのクロスに、うまい位置取りで、素早く反応。ゴール右前ほぼフリーの状態で振りぬいた右足から、待望の先取点が生まれた。

 その後も優勢に進めるが、20分過ぎに痛恨のファールで、PKを献上。

 Jリーグだったら、多分、普通のショルダータックルで、流してもらえるようなプレイだと思うけれど、悲しいかな、ここはアマチュア最高峰のJFL。しかも、主審、線審からも100%見える位置。加えて先制していたこともあってのPK判定。

 完全にコースは読みきっていたGK修行選手だが、さすがにポストをこすってのゴールは防ぎきれなかった。

 カウンター狙いの長崎に対して、圧倒的に押しまくっているゼルビアだが、その後もどうしても追加点が奪えない。

 後半に入ってからも、何度もチャンスを迎えるが、後一歩が及ばない。

 何度も獲得したCKからのセットプレーは、ショートコーナーを試みるなど、もう少し工夫が欲しかった。

 流れの中からも、何度も好機を迎えるが、ゴール前の密集で、潰されたり、クロスを上げても人数が足りなかったりと、最後の詰めがイマイチ。

 結局ドローでタイムアップ。試合の流れでは、完全に押していたので、ホームでのドローは正直痛い!

 試合後、声援で声を枯らしたM統括部長と立ち話。「(敗戦で)申し訳ない。これから強化にむけての会議を持つ」とのこと。とにかく、「セットプレーからの得点が欲しい」「点の取れるFWの補充が必要」と、勝手な意見を言わせてもらった。

 確かに、暑くてへばるピッチだったけど、残り10分、5分をあきらめないで走りきるファイトがもう少し欲しかった。交代枠を1人残しての戸塚采配も正直、今日はちょっと不満。そんな中で、最年長でありながら、ピッチを縦横無尽に走り回り、チャンスの時も、ピンチの時も必ずその場に顔を出していた酒井選手の頑張りには、最高の評価を送りたい。

 ところで、昨日のブログで書いた、相手、長崎の元マリノス佐藤由紀彦選手は、SUBメンバーにも入らず、不出場。でも、試合終了後の、ゼルビアゴール裏で、津田選手が歩み寄り、挨拶を交わしていたのって、もしかして佐藤選手!? (もしかして、清水エスパルス時代の同僚?)

 今日の入場者数は、2500人でしたが、Jリーグ昇格のための、条件にはまだまだ足りない。次回のホームゲームは、5月24日のアルテ高崎戦。勝敗はもちろんだけれど、今度は軽く3000名超えで盛り上げましょう!

 遅まきながら、スワンの外販メンバーも含めて、今日、全員、ゼルビアTシャツを購入しました。次回のホームゲームから私は、さりげなく、応援団にまじるようにしますから、よろしくお願いします。

(天野)

 

(お詫び)

 昨日の試合の前半7分大江選手のゴールはヘディングシュートだったんだ!

 遠い位置から見ていて、自分のイメージの中では、完全に右足のシュートになっていました。大江選手ならびに皆様に陳謝です。

 下の娘が小学生の頃、相模原の女子サッカーチームに居て、ヘディングが苦手だという言うので、サッカーボールの白い部分に1から順番に数字を書き、ヘデイングする瞬間に、目を開けて、数字を読め!なんて「特訓」をやっていました。(鹿島にいた秋田選手の話を聞いて、真似したのですが…)

 明日から、私が「特訓」して、見る眼をしっかり鍛えておくことにいたします。

5月11日(天野)

 

|

« 資本金で100倍以上のゼルビアとしては、長崎に負けるわけにはいかない! | トップページ | 新しいネットワークが生まれることへの期待に胸が高鳴る »

FORZA FC MACHIDA ZELVIA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/169359/29556108

この記事へのトラックバック一覧です: ゼルビア全選手は、酒井主将を手本に、残り10分、5分を走りきるファイトを!:

« 資本金で100倍以上のゼルビアとしては、長崎に負けるわけにはいかない! | トップページ | 新しいネットワークが生まれることへの期待に胸が高鳴る »