« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

発表された東京都の「障害者就労支援行動宣言」をチャンスとして活かせ!

 10年間で障がい者の3万人雇用増をめざす「首都TOKYO障害者就労支援行動宣言」が、11月20日に発表された。

 この行動宣言は、東京都の長期計画「10年後の東京」に掲げられた障がい者の3万人雇用増の目標実現のために、昨年10月から「東京都障害者就労支援協議会」で協議してきた成果をまとめたもの。

 この宣言に基づき、東京都、東京都教育委員会、東京都社会福祉協議会、東京労働局、東京障害者職業センター、東京経営者協会、東京商工会議所、東京都中小企業団体中央会の8団体が賛同して、4つの宣言に基づき、10の視点と、20の行動を掲げて、具体的なとりくみを進めていく。

 冒頭の行動指針には、「多様な企業が集積している大都市の特性を活かして、障害者一人ひとりの就労の実現を図り、首都東京から、障害者雇用のムーブメントを起こしていきます」とある。

 全文は資料も含めて、A4 36枚のコンパクトなものなので、ぜひ、プリントアウトしてご覧になっていただきたい。

(「東京都福祉保健局のホームページから、「首都TOKYO障害者就労支援行動宣言」でダウンロードできる)

 2ヶ所目の就労支援センター設置を考えている町田市の職員の方には、まず、視点1「地域で生涯にわたって安心して働ける」の行動1「地域の就労支援ネットワークを構築します」の項目にしっかりと目を通していただきたい。

 「都内全域を6ブロック(城北、城東、城南、多摩北部、多摩南部、多摩西部)に分け、就労支援機関のネットワークを構築、強化します。」

 「障害者就業・生活支援センターは、各ブロック毎に1ヶ所設置し、すべての区市町村で区市町村障害者就労支援センターを実施します。」とある。

 ※らいむの事業は、後者の区市町村障害者就労支援センター

 キーポイントは、(国制度の)障害者就業・生活支援センターを各ブロック毎に1ヶ所設置するということと、「おおまかな地域エリア」という微妙な境界線で描かれた「ブロック地図」にある。

 町田市は、当然、多摩南部ブロックに含まれるが、現在、就業・生活支援センターのある国立市(多摩北部)と八王子市(多摩西部)が、「おおまかな地域エリア」の境界線の中では、微妙に多摩南部と重なり合っている。

 今年度、八王子市に障害者就業・生活支援センターが設置され、その守備範囲は、八王子、日野、多摩、稲城、町田の5市と東京都から説明を受けた記憶もあるが、今回のこの「宣言」に記された「ブロック」から考えるならば、就業・生活支援センターを町田に誘致できる可能性が復活したと言えるのではないか?

 「障害者就業・生活支援センターがコーディネート機関となり、ハローワーク、区市町村障害者就労支援センター、特別支援学校、地元の商工機関等が連携し、障害者一人ひとりの就労を支援していきます。」という文言もあるが、就労支援においては、特にハローワークとの連携が重要になるので、私個人としては、理想としては、就業・生活支援センターは、ハローワーク管内に1ヶ所が望ましいと考えている。

 多摩地区のハローワークは、三鷹、立川、青梅、八王子、府中、町田の6ヶ所。北部、西部、南部の配置で考えるならば、三鷹=立川、青梅=八王子、府中=町田のペアが地理的条件で考えたときのベストの組み合わせになる。

 そうすると、多摩南部ブロックの自治体は、ハローワーク府中とハローワーク町田の管内のなる府中、稲城、多摩、調布、狛江、町田の6市で構成するのがベストではないかと思う。

 町田市に2つ目となる支援センターは、すべて市単独補助でやるよりも、国制度を活用し、国基準の金額に、市が独自に加算をおこなう方式で考えた方が、運営面でも事業面でも充実が図れるに違いない。

 2つ目のセンターのコンセプトがまだ十分に検討できていないのであれば、拙速に公募をかけるのではなく、ここはじっくりと腰をすえて、(国制度の)就業・生活支援センターを町田に誘致するという施策を練り上げて、東京都や国との協議にとりかかっていただきたい。

 決して、脅しをかけているわけではないが、今のまま拙速に事を運べば、まちがいなく、町田市の就労支援事業は、崩壊してしまう。万が一、公募にどこも手を挙げないで、事業受託者が決まらない場合、市が直営でこの事業を担うという覚悟と体制があるのならば、それはそれで構わないとも思うが、本当にそんなことが可能かどうかは、おそらく、わかっていらっしゃるものだと思う。

 市単独でも2つ目のセンターを立ち上げようという意気込みは、もちろん高く評価するが、せっかく、活用できそうな制度があるにもかかわらず、それを活用しようとしないのは、「昔の町田」のやり方で、今の時代にはそぐわないのではないかと思っている。他の5市の担当者や福祉関係者も、このブログを読んでいるかもしれない。

 町田市担当者の速やかなアクションを期待したい。

(天野)

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『バック・トゥ・ライフ』 ~再生の物語~

 いつもらいむのブログをご訪問いただき、ありがとうございます。「この土日に更新を!」と考えていましたが、土曜日はウィズ町田後援会のイベント、日曜日は、きょうされん全国大会の分科会でお世話になっている画家の古澤潤先生の個展を訪ねていて、結局は更新できず仕舞いでした。

 すっかり、そんなときの定番になってしまいましたが、書き上げたばかりの次号の「ウィズ町田」広報誌の記事をお届けします。

 「次年度のらいむは一体、どうなってしまうのか?」とたくさんの方にご心配をいただいています。今回の記事の最後に書いたことが、自分も含めて、らいむの職員の偽ざる気持ちです。

 今週の水曜日(19日)の夜、町田市の部長・課長とウィズ町田とで、公式な協議をおこなう予定です。協議の内容については、もちろん、差し支えのない範囲(町田市側が了承した範囲)で、19日以降にまたご報告させていただきます。

 それでは、記事をお楽しみください。

 

 タイトルは少し気障な感じもしますが、「『バック・トゥ・ライフ』 ~再生の物語~」とさせていただきました。

 以下、本編です。

 石田 衣良の短編集~『約束』~(角川文庫)は、「そういえば、近頃の自分。涙を流したことなんか、ちっともないなぁ」という人に、ぜひ読んでいただきたい一冊だ。

通り魔の凶行によって、目の前で突然、親友のヨウジを失ってしまった10歳のカンタ。PTSD(心的外傷性ストレス障害)から、自傷行為を繰り返し、学校にも行けなくなってしまう。「ほんとうはぼくが死ねばよかった」と思いつめ、「もう終わりにしよう」とちいさなカッターナイフを握りしめて、嵐が吹き荒れる真夜中に家を出る。

 ヨウジとの懐かしい思い出の場所を巡って、最後に辿りついたのは、ヨウジが死んだ小学校の校門前。いつのまにか雨も風もやみ、静けさに包まれた校門から、死んだはずのヨウジがあらわれる。

 「ヨウジはぼくの誇りで目標であこがれだった。」

 「ありがとう。カンタはぼくにはお守りだった。」

 「カンタにはこれからたくさんのものを見て、経験して、大人になってほしい。それでいつまでもぼくを忘れないでいてほしい。…(中略)…最後の力の一滴が枯れるまで生きよう。ぼくはカンタといつもいっしょにいる。カンタには自分自身とぼくのために生きてほしい。ぼくはカンタともっと生きたいよ」

 朝日の中で目覚めたカンタは、ヨウジとの約束を胸に、立ちあがり、歩きはじめる。

  (第一話『約束』のあらすじ)

 二〇〇一年六月に大阪で起こった付属池田小学校の痛ましい事件をモチーフにした表題の『約束』を始め、7つの短編からなる作品集だが、これらの連作に共通するテーマは、著者の言葉を借りれば、「バック・トゥ・ライフ」だ。『あとがき』には、著者の次のようなメッセージが記されている。

 「かけがえのないものをなくしても、人はいつか自分の人生に帰るときがくる。さまざまな喪失によって止まってしまった時間が再び流れだすときがくる。…(中略)みんな、今はうつむいていてもいいから、いつかは顔をあげて、まえにすすもう」

 愛する人をなくした哀しみ、病や障がいを負った苦しみ、どんなに努力しても報われない虚しさ、幸せそうな世の中から自分ひとりだけが取り残されてしまったように感じる焦りや孤独感、…。

 人は人生の中で、時に、心に深い痛手を負い、「もしかすると、自分は、このままもう二度と立ちあがれないのかもしれない」という言い知れない不安に苛まれることがある。

 それでも人は、いつかはその苦しみから立ちあがり、もう一度、歩きださなければならない。たとえ、どんなに時間がかかったとしても、生きている限りは、自分の人生に正面から向かい合って、歩いていかねばならない。生きているものの務めとして。そして生きていることの証として。

 

 私が勤務する就労支援センターらいむに、相談に訪れる人の中には、自分のことや過去のことをなかなか話しだそうとしない人が少なからずいる。

 就労支援をしていくために、最低限、知っておかねばならない情報があるので、いつまでも何も聞かないままでいるわけにはいかないが、面談の中では、できる限りの時間をかけて、本人が自分から話しはじめるのを待つように心がけている。

 やっと聞くことができた問題の重さや傷の深さに言葉を失うこともしばしばある。それでも何よりも、私たちを信じて、勇気をだして語ってくれることをうれしく思う。

 「止まっていた時間が再び流れだす」「顔をあげて一歩前に踏みだす」、その瞬間に立ち会えることを喜びに思う。

(天野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »